주요 기사 바로가기

ロンドンで国賓日程に入った尹大統領「AI・原発・宇宙へ協力の地平広げる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.21 10:52
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が20日に英ロンドンに到着し4日間の国賓訪問日程に入った。尹大統領は5月に戴冠式を行ったチャールズ国王が招請した初めての国賓だ。

大統領専用機の「空軍1号機」に乗りこの日午後3時50分ごろにロンドンのスタンステッド空港に到着した尹大統領と金建希(キム・ゴンヒ)夫人は英国儀仗隊と王室首席儀典官、国王副代理人らの出迎えを受けた。尹大統領夫妻は英国王室が提供した儀典車両に乗って移動した。

 
尹大統領は国賓訪問最初の日程として市内のホテルで同胞懇談会をした。尹大統領は「昨年9月にエリザベス女王を追悼するため英国を訪問し、今回はチャールズ国王が即位してから最初の国賓として招かれ英国を再訪することになった。韓国は1883年に欧州諸国で英国と最初に修好通商条約を締結するなど、長い歳月にわたり深い協力と連帯の歴史を持っている」と話した。

尹大統領は続けて「1950年に北朝鮮の不法な奇襲南侵で国の運命が百尺竿頭に置かれた時、英国は世界で2番目に多い8万人の軍隊を派兵し、このうち1000人を超える青年が命を捧げた。韓国が戦争の廃虚から立ち上がり奇跡のような圧縮成長を成し遂げる上で英国は常に韓国とともにあり、韓国の産業と技術インフラ構築過程を助けた」と話した。

今後の韓英関係に対し尹大統領は「今回の訪問を通じて韓英両国はサイバー安保と防衛産業など安保分野の協力体系を新たに構築していく。韓英自由貿易協定(FTA)改正交渉を再開して供給網と貿易の協力基盤をさらに強固にし、両国の協力の地平を人工知能(AI)、原発、バイオ、宇宙、半導体、クリーンエネルギーなど先端科学技術分野で大幅に拡大していくだろう」と強調した。

僑民に向け尹大統領は「韓国の大衆文化を楽しむ英国人が増えており、現在ロンドン市内だけで200カ所以上の韓国料理店がある。今後もそれぞれの分野でさらに大きな能力を発揮し、英国社会にさらに大きく寄与と奉仕をし、韓英をつなぐ強固な掛け橋になるようお願いする」と呼び掛けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロンドンで国賓日程に入った尹大統領「AI・原発・宇宙へ協力の地平広げる」

    2023.11.21 10:52
    뉴스 메뉴 보기
    7日間日程で英国とフランスを訪問する尹錫悦大統領と金建希夫人が20日に京畿道城南のソウル空港で大統領専用機に乗り込み出国のあいさつをしている。[写真 大統領室写真記者団]
    TOP