주요 기사 바로가기

イランの最高指導者「イスラム圏、イスラエルとの外交関係を断ち切らなければ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.20 09:26
0
イランの最高指導者アリ・ハメネイ師が世界イスラム圏に「限られた期間でもハマスと戦争中のイスラエルとの外交関係を断ち切らなければならない」と提案した。

19日(現地時間)、イラン国営IRNA通信によると、ハメネイ師は革命防衛隊航空宇宙軍展示会でシオン主義政権(イスラエル)を人種差別そのものと描き、「イスラム国がイスラエルの命綱を断ち切らなければならない」と述べた。

 
また「一部のイスラム国はイスラエルの犯罪を糾弾したが、一部はそうではなかった」とし「これは受け入れられない」と指摘した。

同時に「シオン主義政権に対するエネルギーと商品の輸出を停止し、政治的な関係も限られた時間でも断絶しなければならない」と主張した。

ハメネイ師は「シオン主義者たちは自らを優越な種族と考え、その他の人類を劣等だと考える」として「このために彼らは自責感なしに数千人の子供たちを殺した」と批判した。

これに先立って、11日、サウジアラビアのリヤドではイスラム協力機構(OIC)およびアラブ連盟首脳会議が開かれたが、会議に参加した首脳たちはイランのエブラヒム・ライシ大統領が提案したイスラエルに対する制裁案に合意しなかった。

イスラム圏でイスラエルと国交を結んだ国はエジプト、ヨルダン、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、モロッコ、スーダンなどだ。

特に2020年「アブラハム合意」を通じてイスラエルと外交関係を結んだUAEは最近、イスラエル軍のガザ地区攻撃にもイスラエルと外交関係を維持しようとしているという現地の報道があった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イランの最高指導者「イスラム圏、イスラエルとの外交関係を断ち切らなければ」

    2023.11.20 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    イランの国旗
    TOP