주요 기사 바로가기

<APBC>決勝戦に出る韓国代表チーム先発、「自分の限界に挑戦する時間…国際用投手と認められたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.19 10:45
0
「負担は大きいが、それもまた私が乗り越えなければならない。最善を尽くして投げたい」。韓国野球代表チームの投手郭彬(クァク・ビン)が2023アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)で決勝戦先発投手の重責を務める覚悟を明らかにした。

韓国は18日に東京ドームで開かれた台湾とのAPBC予選最終戦に6-1で完勝し、2回連続で決勝進出を確定した。これで韓国は先に決勝に上がったディフェンディングチャンピオンの日本と19日午後6時に同じ会場で優勝を争うことになった。2017年に開かれた第1回大会では日本が優勝、韓国が準優勝した。

 
柳仲逸(リュ・ジュンイル)代表チーム監督は郭彬を決勝戦先発投手と予告しながら「郭彬は韓国右腕のエースだ。杭州アジア大会ではコンディションが悪く投げられなかったが、今回の決勝戦では良い投球を期待している」と信頼を表現した。実際に郭彬は東京到着後のブルペンピッチングで代表チーム投手のうち最も良いコンディションを見せた。先発ローテーションを構想した柳監督と崔一彦(チェ・イロン)投手コーチが郭彬を最後の試合に送り出すことを決めた理由だ。

郭彬は「ブルペンでの感じは本当に良かったが、実際の試合ではまた違うかもしれない。ひとまず決勝戦でボールを投げてみなくてはわからない。日本の打者分析表をしっかりと見て動画もたくさん見たが、確かにうまい。1番から9番までみんなうまく打つ」と警戒を緩めなかった。

彼はまた「良い記録でしっかり投げればもちろん良いが、事実日本の打者はみんなすごい選手なのではないか。なので『自分の限界にぶつかってみたい』という気持ちで投げたい。うまくできなければ再び懸命にやり再挑戦し、うまくいけばその良い記憶を持ってさらに懸命にやっていきたい。肩の荷が重いが、最善を尽くすだろう」と繰り返し決意を示した。

郭彬と正面対決する日本の先発投手は今井達也だ。右投手である彼は今シーズン日本のプロ野球19試合で10勝5敗、平均自責点2.30を記録した。最高時速159キロの速球とチェンジアップ、スライダー、カーブを投げる。17日に予選韓国戦で好投した隅田知一郎より一枚上と評価される。

柳監督も「今井は日本代表チーム最高の投手だ。その選手の動画をたくさん見たが、ボールも速く、変化球の制球も良い。われわれも攻略法を悩まなければならなさそうで、われわれの打者がどのように対応するのか私も気になる」と話した。

難しい相手と会うことになった郭彬は「過去のWBCの時は東京ドームで(2イニング3失点と)それほど投げることができなかった。今回は私も好投し国際舞台でも通じる選手と認められたい。私1人がうまくやれば勝てるものではないが、チームの雰囲気が非常に良い。アジア大会で全員(金メダルという)良い経験をしたので、その勢いを信じてみんな一緒に良い試合をして必ず優勝したい」と覚悟を固めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP