주요 기사 바로가기

<APBC>韓国監督「必ず台湾に勝って日本と決勝で対戦したい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.18 13:33
0
韓国野球代表の柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督(60)がアジア最強の日本に1点差で惜敗した後、「必ず決勝に進出してもう一度対決したい」という覚悟を表した。

韓国は17日、東京ドームで行われた2023アジア プロ野球チャンピオンシップ(APBC)第2戦で日本に1-2で敗れた。先発投手の李義理(イ・ウィリ)は6イニングを6被安打3四球2失点と役割を果たしたが、打線が日本先発の隅田知一郎(7イニングを3被安打無四死球で無失点)に抑えられ、厳しい試合展開となった。韓国は9回裏二死から代打の金揮執(キム・フィジプ)がソロ本塁打を放ったが、その1点に終わった。

柳監督は試合後、「李義理は試合序盤の危機をうまく乗り越えながらよく投げたと思う。打線が序盤のチャンスを得点に結びつけられなかったのが惜しまれる」とし「金揮執の本塁打で無得点を免れた。良い試合をしたと思う」と評価した。

 
また、韓国打線を7回まで封じた日本先発の隅田について「相手投手はとても簡単に投球していた。直球でも変化球でもストライクを稼ぎ、三振を狙って落とす最後のボールも良かった。本当に素晴らしい選手だった」とし「以前に見た映像よりも良かった。多くの球種を投げるが、制球もすべて良かった」と称賛した。その一方で「次にまた会う機会があれば、その時は私たちの選手が攻略できると考える」と話した。

日本は台湾、韓国に勝利して2勝となった。オーストラリアとの試合を残していて、異変がない限り決勝進出が確実視される。韓国は18日、台湾と事実上の決勝行きチケットをかけて対戦する。韓国の先発投手は右腕の元兌仁(ウォン・テイン)だ。

柳監督は「台湾に必ず勝って決勝戦でもう一度日本とやりたい。その時は今回より良い試合ができると思う」とし「台湾チームの分析をさらに徹底する。初めて見る投手は打者にとって難しいが、台湾戦は全員が積極的な姿勢で臨もうと思う」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP