주요 기사 바로가기

米中、軍事は疎通…貿易・台湾は不通(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.17 10:20
0
◇バイデン氏、習氏の前では「夫人の誕生日を祝う」…別れた後には「彼は共産国を導く独裁者」

両国当局と主要メディアが伝えた会談内容を総合すると、台湾イシューに関連して習主席は「米国は台湾独立を支持しないという立場を具体的な行動で示さなくてはならない」とし「台湾武装(支援)を中断して中国の平和統一を支持しなければならない」と要求した。また「中国が2027年や2035年に軍事行動を計画中という報道があったそうだがそのような計画はない」と断言した。米高位当局者はこの部分を話す時、「いらだちがややにじみ出ていた」と伝えた。

これに対してバイデン大統領は「一つの中国」原則に変化はないという立場を再確認しながらも、中国が台湾海峡付近での軍事活動を自制し、台湾の選挙手続きを尊重するよう要請した。来年1月に行われる台湾総統選挙で中国に友好的な政党が執権するように介入するなという意味とみられる。

 
輸出および投資規制などに関連し、習主席は「米国が経済・貿易と科学・技術領域で中国に対して抑制と弾圧を行うのは『危険除去(de-risking)』ではなく『危険製造』」とし「これによって作られた中米関係の不確実性はすでに最大の危険になった」と強調した。「中国の懸念を受け入れて一方的な制裁を取り消し、中国企業に公平・公正・非差別の環境を提供しなければならない」と要求した。

だが、バイデン大統領は「米軍に対抗するのに使われる技術を中国に提供しない」と言って対抗した。逆に中国の不公正な貿易慣行、市場経済に反する経済慣行、米国企業の知識財産権強奪などの問題を提起して改善を求めた。

このように張り詰めた緊張感は会談後も続いた。バイデン大統領は記者会見で「習主席を信頼するか」という質問に「昔の話に出てくるように信じるものの検証しなくてはいけない(trust but verify)』というのが私の立場」と答えた。レーガン大統領が共産党独裁国家であるソ連との核軍縮交渉当時に繰り返し使っていた話を引用したのだ。

さらにバイデン大統領は会見場を後にしようとした時、「今回の会談以降も習主席を『独裁者』と呼ぶつもりか」と聞かれると「彼は独裁者」と答えた。続いて「彼は米国とは完全に異なる共産国家を率いる男」とし「1980年代以来独裁者だった」と付け加えた。金門橋前の「30代青年」習近平が一瞬にして金門橋前の「独裁者」に化けたのだ。中国外交部の毛寧報道官は16日の定例会見で直ちに「この発言は非常に誤っていて、無責任な政治的企み」と反発した。

習主席も反応した。習主席はこの日午後、友好団体歓迎レセプションで「中国は米国の敗北に賭けることはなく、米国の内政に干渉もしなかった」としながら「米国も中国の敗北に賭けてはならず、中国の内政に干渉してはならず、平和かつ安定して繁栄する中国を歓迎しなければならない」と強調した。

バイデン大統領はこの日、アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議(サミット)公式歓迎行事でジャズレジェンドの故トニー・ベネットの歌(『想い出のサンフランシスコ(I left my heart in San Francisco)』)を引用して「サンフランシスコは多くの人が心を残したところ」と紹介した。だが、2023年11月の習主席にとって、その心をサンフランシスコに残していくことは容易ではなさそうだ。

一方、この日韓半島(朝鮮半島)問題に関連しては、ホワイトハウスがバイデン大統領は韓半島の完全な非核化に対する米国の持続的な意志を確認したと明らかにしたのがすべてだった。

米中、軍事は疎通…貿易・台湾は不通(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP