주요 기사 바로가기

ハマス議事堂も掌握…イスラエル「速度戦」に出た理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.11.14 17:58
0
イスラエルがパレスチナのイスラム組織ハマスが実効支配するガザ地区の議事堂を掌握し、幹部指揮官を大挙射殺するなど地上戦で成果を上げている。ハマスの主要拠点とみられるガザ市内の病院での戦闘が激化し国際社会の非難が大きくなると、ハマスを攻撃できる時間を2~3週間とみて速度戦を展開している様相だ。

ロイター通信とタイムズ・オブ・イスラエルなどによると、イスラエル軍は13日、ハマスの複数の幹部指揮官と460人以上の隊員を射殺したとし、ハマスがガザ地区北部で支配力を失ったと明らかにした。イスラエルのガラント国防相は「わが軍はガザ地区のすべての所に進撃し、テロ犯は南に逃げている」と話した。合わせて「われわれはハマスのトンネル攻撃を強化した。テロ犯はトンネルから出て除去されるか、そうでなければ無条件降伏することになるだろう」と主張した。

ハマスが支配するガザ地区のパレスチナ議会の建物もイスラエル軍が占領したとみられる。ソーシャルメディア(SNS)にはガザ地区の地上戦を主導してきたイスラエル軍がハマス議事堂内にイスラエル国旗を揚げる写真が拡散した。軍当局の公式発表はまだ出ていない状態だ。

 
地上軍を投じて2週間が過ぎたイスラエルはこの日、これまでの作戦成果を具体的に言及した。ガザ地区の病院に対する攻撃などで国際社会からの休戦を求める声が大きくなっている点を意識したとみられる。この日イスラエルのコーヘン外相は「イスラエルに休戦を模索しろという外交的圧力が増加している。今後『外交的期間』は2~3週間ほどと推定する」と話した。イスラエル政府も現在のような形でハマス掃討戦を継続できる期間は2~3週間だけと判断しているとみられる。

イスラエルはハマスの拠点とみているガザ市内の病院に対する攻撃にさらに拍車をかけている。イスラエル軍のハガリ報道官はこの日、海軍の特攻隊と機工旅団がガザ市内のランティシ病院を急襲したと伝えた。ハガリ報道官は「ランティシ病院の地下室でハマスの指揮統制所と手榴弾、AK47小銃、爆発物、携帯用ロケット砲(RPG)などを発見した。人質を拘束していた痕跡も見つけた」とした。

クドゥス病院でも戦闘が起きた。イスラエル軍は病院入口でハマス隊員がRPGを発射する映像を公開し、民間人の中に隠れていたハマスの戦闘員21人を除去したと明らかにした。11日から武力衝突が広がったシファ病院周辺はこの日も依然として戦車で封鎖されていると外信は伝えた。イスラエル軍は「シファ病院地下のハマス指揮部はまだ作戦対象」と強調した。

患者と医療陣、避難民が依然としてとどまっているガザ地区の病院の人道主義危機も激しくなっている。世界保健機関(WHO)のリンドマイヤー報道官は燃料枯渇などで保育器の新生児が死亡したシファ病院について、「ほとんど墓地水準。埋葬したり霊安室に移すことのできない遺体が散在している」と惨状を伝えた。

バイデン米大統領はこの日「病院は保護されなければならない。病院と関連して妨害的な行動が少なくなることを希望し期待する」という立場を明らかにした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP