주요 기사 바로가기

北朝鮮、日本の汚染水放流を非難…「人類の生命安全脅かす、容認できない」

ⓒ 中央日報日本語版2023.11.08 10:09
0
北朝鮮が日本の福島汚染水の3度目の放流を非難しながら国際的監視を受け入れるよう要求した。

朝鮮中央通信は8日「人類の生命安全を脅かす行為は何であっても容認できない」という論評を出した。

同通信は「日本がやましくないならば長期的ながらも効果的な国際監視制度を受け入れることを要求する世界の強力な要求を敬遠する何の理由もない」と主張した。

 
その上で「日本が前に出している国際原子力機関(IAEA)も事故が起きた原子力発電所の核汚染水と関連しては専門性がなく、さらに公正性まで欠如した集団」としながらIAEAを批判した。

同通信は「日本は米国により世界で唯一核惨禍にあった国で、核が人体にどんな残酷な後遺症を及ぼすのかはあまりによく知っている。核汚染水処理は決して日本だけの問題ではなく全人類の安全と直結した重大事案であり日本は歴史と国際社会の前に相応の責任を負わなければならない」と強調した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、日本の汚染水放流を非難…「人類の生命安全脅かす、容認できない」

    2023.11.08 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    福島第1原子力発電所の汚染水放流作業。[写真 東京電力]
    TOP