주요 기사 바로가기

日本本州中部の北アルプスで韓国人男性登山客1人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.29 08:51
0
日本の北アルプスで韓国人男性登山客1人が死亡したと日本メディアが28日に伝えた。

報道によると、22日に標高3190メートルの奥奥穂高岳に向かう登山道で心停止の状態で見つかりその後死亡した男性登山客が韓国人と確認された。

岐阜県高山署は死亡した登山客が50代の韓国人で、死因は低体温症だと発表した。日本の警察は22日午前8時25分ごろ、「男性が倒れている」という山小屋管理人の通報を受けて出動したという。

 
調査の結果、男性は19日に中部空港を通じて入国し、同日2人が4泊5日の日程で登山する計画という登山届を提出していた。

男性と同行したとされる登山客は現在連絡がつかない状況だ。

北アルプスは3000メートル級の高山が本州中央部に105キロメートルの長さで連なり年間100万人を超える登山客と観光客が訪れる世界的に有名な山岳観光地だ。特に奥穂高岳は険しい山並みと美しい風景で「北アルプスの盟主」と呼ばれる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本本州中部の北アルプスで韓国人男性登山客1人死亡

    2023.10.29 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    日本の北アルプスで東南アジア観光客が注目トレッキングをしている(記事内容とは関係ありません)。[中央フォト]
    TOP