주요 기사 바로가기

韓国海洋水産部、ロンドン条約総会で「日本汚染水の放出、国際基準を満たしていると報告された」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.10.06 12:06
0
海洋水産部がロンドン協約・ロンドン議定書当事国総会(総会)で日本福島汚染水が安全に処理されなければならないという意見を出したと6日、明らかにした。同時に、日本の汚染水の放出は国際基準を満たしていると報告されたと言及した。

海洋水産部は2日から6日まで英ロンドン国際海事機関(IMO)本部で開かれる総会で「福島原発汚染水の初放出が国際原子力機関(IAEA)を含む国際社会によって科学的・技術的側面が検討され、国際基準を満たす放出計画にしたがって行われたと報告された」とし「(汚染水)放出が海洋環境に影響を及ぼさない点を国際社会が引き続き明確にすることが必要だと思う」と述べた。

そして、日本に安全な処理と透明な情報共有を求めた。海洋水産部は「日本は福島原発汚染水の処理と放出を海洋環境保護基準で要求する通り安全に行うことを要請したい」とし「処置と放出中に収集されたすべての情報が最大限透明に共有されることを願う」と明らかにした。IAEAには「現場でモニタリングを続けてほしい」と求めた。

 
ロンドン協約は海洋環境保護のために廃棄物の海上投棄を禁止する内容の国際条約だ。ロンドン条約の国別履行義務を強化するため、1996年ロンドン議定書が採択された。毎年10月ごろに総会を開催し、主要事案について意見を交わす。8月、日本が福島汚染水の放出を始めて以来、今回が初めて開かれた総会だ。IAEA代表団は5日(現地時間)、原発汚染水のモニタリング過程と分析結果など関連情報を現場で共有した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海洋水産部、ロンドン条約総会で「日本汚染水の放出、国際基準を満たしていると報告された」

    2023.10.06 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    ​福島原発に面する海[中央フォト]
    TOP