주요 기사 바로가기

『ハリーポッター』ダンブルドア校長役の俳優マイケル・ガンボンさん、肺炎で死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.29 08:04
0
映画『ハリーポッター』シリーズでホグワーツ校長ダンブルドア役を演じていたアイルランド俳優のマイケル・ガンボンさんが82歳でその生涯を閉じた。

28日(現地時間)、AP通信によると、家族は声明を通じて「愛する夫であり父だったマイケルが肺炎で倒れた後、妻と息子が見守る中、病院で安らかに亡くなった」と明らかにした。

1940年アイルランドで生まれたガンボンさんは父親の後に継いでエンジニアの勉強していたが、1963年ダブリンの劇団で演技生活を始めた。

 
伝説的な演出家ローレンス・オリヴィエの指揮の下、国立劇団の開幕作『ハムレット』で端役を演じて初めて大きな成功を収め、その後『ガリレイの生涯』の主役を演じて批評家の絶賛を受けた。

1986年BBCシリーズ『The Singing Detective』主人公フィリップ・マーロウ役によって英国で名声を得て、この作品で英国アカデミー授賞式(BAFTA)で主演男優賞を受賞した。

2002年リチャード・ハリスさんが亡くなった後、彼に代わって『ハリーポッター』シリーズのダンブルドア役で『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』から出演する。2010年映画『英国王のスピーチ』では国王ジョージ5世役を、2017年『キングスマン:ゴールデン・サークル』ではアーサー役を演じていた。

ガンボンさんは記憶力の低下を理由に2015年、舞台(演劇)から引退した。

ガンボンさんはローレンス・オリヴィエ賞を3回受賞し、1998年には英国ドラマに対する功労でイギリス王室から「ナイト」の称号を授与されている。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『ハリーポッター』ダンブルドア校長役の俳優マイケル・ガンボンさん、肺炎で死去

    2023.09.29 08:04
    뉴스 메뉴 보기
    映画『ハリーポッター』シリーズでホグワーツ校長ダンブルドア役によく知られたアイルランド俳優のマイケル・ガンボンさんが28日(現地時間)、亡くなった。享年82歳。
    TOP