주요 기사 바로가기

韓国与党「結局、裁判所が野党代表の支持者に屈服…検察は令状再請求すべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.27 10:09
0
韓国与党・国民の力が27日、最大野党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表の拘束令状が棄却されたことについて「結局、裁判所が支持者に屈服した」と裁判所を批判した。

姜旻局(カン・ミングク)首席報道官はこの日、論評を出し、「秋霜のように厳格であるべき裁判所の判断が一人の政治家に盲従する猛烈支持層に振り回されたという点で、今日の決定は今後、汚点として記憶されるはず」とし「果たして裁判所は『法の下の平等』を自信を持って話せるのだろうか」と批判の声を高めた。

続いて「李在明代表は捜査の過程で大韓民国の法治を弄んできた。各種遅延作戦やもめごとで検察の捜査を妨害し、断食で同情世論を作ろうとする恥ずかしい試みまでした」とし「逮捕同意案表決の前日には事実上否決を指示する指令文まで送ったが、大韓民国の歴史にこのような被疑者が存在したのか問いたい」と批判した。

 
また「果たしてどの国民が今日の裁判所の判断を常識的に理解できるのか尋ねたい」とし「今後、大韓民国のどの犯罪容疑者が司法妨害行為をしても拘束捜査を通じてまともに捜査できるのか疑問」と述べた。

姜報道官は「検察は一日も早く補強を通じて令状を再請求しなければいけない」とし「李代表と民主党も今日の決定が犯罪行為に対する免罪符でないことを直視し、謙虚な姿勢でさらなる司法妨害行為を中断すべきだ」と強調した。

李喆圭(イ・チョルギュ)国民の力事務総長もこの日午前、フェイスブックで「無権拘束、有権不拘束」という言葉を載せ、拘束令状を棄却した裁判所を批判した。

国民の力は李代表が拘束を免れると、27日午前に予定されていた「秋夕(チュソク、中秋)帰省客あいさつ」日程を取り消した。国民の力はこの日午前8時30分に最高委員会議を緊急招集したのに続き、午前9時30分から非常議員総会を招集して今後の対応について議論する予定だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党「結局、裁判所が野党代表の支持者に屈服…検察は令状再請求すべき」

    2023.09.27 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    「共に民主党」の李在明代表が27日午前3時55分ごろ、京畿道義王のソウル拘置所前で拘束令状棄却に対する所感を明らかにしている。ソン・ソンベ記者
    TOP