주요 기사 바로가기

「どうか追放しないで」…中国の有名反体制運動家、台湾の空港に逃避中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.27 09:50
0
CNNによると、中国の反体制運動家である陳思明氏は現在台湾に逃避し、米国やカナダに亡命することができるように助けてほしいと訴えている。

陳氏は今月22日に台湾に到着してからソーシャルメディア(SNS)のX(旧ツイッター)に動画を投稿し、現在台湾桃園国際空港のトランジットエリアにいることを知らせた。

陳氏は映像で「中国の政治的迫害を避けるために台湾に到着した。米国やカナダに亡命することを希望する」とし「台湾当局が私を中国に送還しないことを願う」と呼びかけた。台湾現地放送とのインタビューでは「台湾が民主的で自由な国なので台湾を経由することがタイやラオスを経由するよりも安全だと思った」と明らかにした。

 
湖南省株洲居住の陳氏は7月21日、中国公安が精神鑑定を再度受けさせようとすると服をまとめて中国南方の国境に移動したという。その後ラオスの山の中に入った陳氏は先月初めにメコン川を渡ってさらに南のタイに到着した。

陳氏はタイで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通じて難民登録をしたが、タイ政府が中国と友好的な関係である点から結局タイを離れて台湾に行き着いた。CNNは「過去数年間、中国政府が香港の反体制運動家を取り締まって台湾が避難所として注目されている」と伝えた。ただし台湾には政治的亡命に関する法がなく、UNHCRも活動していない。

台湾人権団体は「陳氏が中国に送還されないで第三国に行けるように助けるべきだ」と要請している。台湾当局はCNNに「この問題に関して政府次元で議論が行われている。関連の詳しい内容は共有できない」と伝えた。

陳氏は毎年天安門デモ発生日である6月4日にプラカードを持ってデモ犠牲者を追慕し、何度も中国当局に逮捕されて監視対象「ブラックリスト」に入っている。5月26日にもXに「6月4日が近づいている。保安当局が明日の夜から私と一緒にこの敏感な時期を送るだろう」というコメントを投稿した。陳氏は中国公安が自分を監視して、精神鑑定を定期的に実施し、何度も不法に拘禁したと主張している。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「どうか追放しないで」…中国の有名反体制運動家、台湾の空港に逃避中

    2023.09.27 09:50
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP