주요 기사 바로가기

「新型コロナの流出疑惑」中国研究所の警告「新しい疾病の出現は確実だ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.25 07:05
0
中国武漢ウイルス研究所のコウモリウイルス専門家が、新しいコロナウイルス疾病の発病可能性が非常に大きいと警告した。武漢ウイルス研究所は、新型コロナのパンデミックを招いたウイルスの流出場所と疑われてきた機関だ。

24日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、武漢ウイルス研究所のコウモリウイルス権威者である石正麗博士は、同僚たちと一緒に発表した論文で、世界はコロナウイルスの危険性に備えなければならないと強調した。

 
2003年、中国と香港を中心に世界的に数千人の命を奪ったSARS(重症急性呼吸器症候群)と新型コロナウイルス感染症はいずれもコロナウイルス疾患だった。

石博士研究チームは、新型コロナウイルス40種の人と人との感染危険を評価した結果、半分の20種の感染危険が非常に高いと評価した。

また、「未来に疾病が出現することはほぼ確実であり、これは再び新型コロナウイルス感染症である可能性が非常に大きい」と警告した。さらに、石博士研究チームはコウモリ、齧歯類のような自然宿主やラクダ、ジャコウネコ、豚、鱗甲類などの潜在的中間宿主など病原菌の重要な宿主を確認し、明らかにした。

この論文は7月、英語学術誌「新興微生物・感染」に発表されたが、今月になって中国ソーシャルメディアで注目され始めたとSCMPは説明した。

一方、武漢ウイルス研究所はこれまで新型コロナを引き起こすSARS CoV-2ウイルス流出説の疑惑に巻き込まれてきた。

中国当局は「実験室からの流出は絶対的にあり得ない」と反論し、ス博士もニューヨーク・タイムズとのインタビューで流出説を否定した。

米国大統領直属の国家情報長官室(ODNI)は6月に機密解除された報告書で、米情報機関が新型コロナが中国実験室で発生した可能性を依然として排除していないが、ウイルスの根源を明らかにできなかったと書いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「新型コロナの流出疑惑」中国研究所の警告「新しい疾病の出現は確実だ」

    2023.09.25 07:05
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP