주요 기사 바로가기

国連の演壇に立った尹大統領「北朝鮮とロシアの軍事取引は韓国直接狙った挑発」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.21 07:14
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が20日にニューヨークで開かれた第78回国連総会での基調演説で、「北朝鮮とロシアの軍事取引はウクライナだけでなく韓国の安保と平和を直接的に狙った挑発になるだろう。韓国と同盟、友好国はこれを座視しないだろう」と話した。北朝鮮がロシアに在来式武器を支援する見返りとして大量破壊兵器(WMD)能力の強化に必要な情報と技術を得る可能性に言及しながらした話だった。

尹大統領はまた、「北朝鮮の核とミサイル計画は韓国の平和に対する直接的で実存的な脅威であるだけでなく、インド太平洋地域と全世界の平和に対する重大な挑戦」と強調した。北朝鮮とロシアの軍事的密着は韓半島(朝鮮半島)だけでなく北東アジアを含む世界安保と平和を脅かすというメッセージだと大統領室は説明した。

尹大統領はロシアを狙っては「世界平和の最終的守護者でなければならない国連安保理常任理事国が他の主権国家を武力侵攻して戦争を起こし、戦争遂行に必要な武器と軍需品を国連安保理決議に正面から違反する政権から支援される現実は自己矛盾的」と述べた。ロシアのウクライナ侵攻を批判すると同時に、北朝鮮との武器取引を禁止する国連安保理合意を常任理事国であるロシアが破ってはならないとの指摘だった。その上で尹大統領は「こうした状況で安保理の改革が必要だという意見が幅広い支持を受けることになった」と説明した。

 
6日の韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で「いかなる国連加盟国も違法武器取引禁止など国連安保理が規定した対北朝鮮制裁義務を破ってはならない」と述べた尹大統領が国連本部での演説で「軍事取引・挑発・自己矛盾」などの単語を使ってその水準をさらに引き上げたのだ。

尹大統領は「国ごとに軍事力の大きさは異なるが、われわれみんなが堅く連帯し力を集める時、そして原則に立脚して一貫して行動する時、いかなる不法な挑発も遮断できるだろう」と強調した。また「われわれの未来世代に正義と法治が息づく国際秩序、そして持続可能な自由、平和、繁栄を譲るのはきょうこの場に共にいるわれわれみんなの歴史的責務。韓国は国連とともにこのような責任を喜んで引き受けるだろう」と話した。

尹大統領はこうした次元で韓国も2024~2025年の国連安保理非常任理事国として国際社会で責任ある役割をするという考えを明らかにした。韓国から「ウクライナ平和連帯イニシアチブ」の公約に基づき、ウクライナに向けた安保、人道、復興など包括的支援プログラムを履行すると約束した。具体的に2024年に3億ドルを供与し、追加で20億ドル以上の中長期支援パッケージを用意すると述べた。

国連の演壇に立った尹大統領「北朝鮮とロシアの軍事取引は韓国直接狙った挑発」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    国連の演壇に立った尹大統領「北朝鮮とロシアの軍事取引は韓国直接狙った挑発」(1)

    2023.09.21 07:14
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領
    TOP