주요 기사 바로가기

「まだ熟していないミカンをエチレンガスで黄色に」、1万7000キロの「強制着色」を摘発=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.19 11:59
0
熟していないミカンをガスで黄色く強制的に着色させた選果場が摘発された。

済州道(チェジュド)自治警察団は18日、着色度50%未満の熟していないハウスミカンを強制的に着色させた西帰浦市(ソギポシ)のA選果場を済州道のミカン生産および流通に関する条例の違反で摘発したと発表した。

 
A選果場は道内のミカン農家から買い入れた未熟ハウスミカン1万7200キログラム(ミカンコンテナ860個分)をビニールなどで覆った後、エチレンガスを注入する方法で強制的な後熟作業を行ってきたが、17日自治警察団特別点検チームに摘発された。

ミカンを収穫した後、アセチレンガス、エチレンガス、カーバイドなどの化学薬品や熱(温)風機、電気などを利用して後熟・強制着色する行為は条例により禁止されている。

違反した場合、1000万ウォン(約110万円)以下の過料が科される。

自治警察団はA選果場の違反事項を西帰浦市ミカン農政課に知らせ、過料と廃棄措置などの行政処分を依頼した。

パク・サンヒョン捜査課長は「私益の追求を目的にミカンの流通秩序を乱す一部の農家・商人などにより、多数の善良な農家が被害を受けることがないよう行政市関連部署と協力し指導・取り締まりを強化していく」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP