주요 기사 바로가기

「金正恩モザイク壁画」平壌で初公開…金日成・金正日氏を踏襲

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.19 11:00
0
北朝鮮が平壌(ピョンヤン)に金正恩(キム・ジョンウン)委員長の新しいモザイク壁画を設置した姿を公開した。金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記以来、平壌で金正恩氏のモザイク壁画が確認されたのは今回が初めて。

19日、朝鮮中央通信は平壌万景台(マンギョンデ)革命学院に「園児たちを愛の懐に抱いて」と題した金委員長のモザイク壁画竣工式が17日に開かれたと伝えた。壁画は金委員長が園児に囲まれて笑っている姿を描いた。金委員長は昨年10月、創立75周年を迎えた万景台革命学院と康盤石(カン・バンソク)革命学院記念行事に出席して演説し、塾の施設と運営状況を点検した。

 
北朝鮮で金日成氏と金正日氏を偶像化するツールとして使われてきたモザイク壁画は最近、金正恩委員長の姿も描き始めた。金正恩委員長が入ったモザイク壁画が初めて捉えられたのは、昨年10月12日、咸鏡南道蓮浦(ハムギョンナムド・ヨンポ)の温室農場竣工式の報道でだ。金委員長が農場着工式に参加し、初めてシャベルを手にした場面を表現した絵だった。この壁画には一緒にシャベルを持った他の幹部たちも描かれたが、今年2月8日の咸鏡北道中平(チュンピョン)温室農場の報道には金委員長一人が描かれたモザイク壁画も登場した。

万景台革命学院は抗日革命家遺児のために1947年に設立された特殊教育機関で、主に党・政・軍高位幹部の子供を未来の幹部として教育する学校だ。万景台革命学院が位置した平壌万景台区域には、金日成主席の生家という「万景台の生家」と金日成・金正日銅像などが並んでいる。

北朝鮮で「チョッムイグリム」と呼ばれるモザイク壁画は、最高指導者の現地指導と主要成果を浮き彫りにする内容、金日成主席が笑っている姿や金日成氏と金正日氏を一緒に描いた絵が主となっていた。1200度で焼き上げた色ガラスやタイル、加工された天然石などに絵を描いて貼り付ける方法で作るが、2000年代初めから金正日委員長の指示で北朝鮮全域に設置されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩モザイク壁画」平壌で初公開…金日成・金正日氏を踏襲

    2023.09.19 11:00
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)委員長
    TOP