주요 기사 바로가기

バイデン大統領「イラン抑留米収監者の解放助けた韓国政府などに感謝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.19 08:51
0
バイデン米大統領が18日、イランに抑留されていた米国人5人の解放に尽力した韓国政府に謝意を伝えた。

米ホワイトハウスが発表した声明でバイデン大統領は、「きょうイランに拘禁されていた罪のない米国人5人がいよいよ帰ってくる。われわれがこの結果を達成できるよう助けるためたゆまぬ努力をしてくれたカタール、オマーン、スイス、韓国政府を含むわれわれの国内外のパートナーに感謝する」と明らかにした。

ブリンケン国務長官も声明でカタール、スイス、韓国、オマーン、英国が解放に向けた努力を支援したとし、「われわれは韓国の緊密な共助とパートナーシップに対しても謝意を表する」と明らかにした。

 
ただバイデン大統領は帰還を祝いながらも2007年にイランで失踪した元連邦捜査局(FBI)捜査員のロバート・レビンソン氏に何が起きたのかイラン政府が完全に解明しなければならないと促した。バイデン大統領は「イランが域内でする挑発的な行動に対しては続けて代償を払わせるようにする」としながらこの日イラン政権の違法拘禁と関連してアフマディネジャド前イラン大統領とイラン情報省を制裁すると明らかにした。

今回の合意と関連しバイデン政権がイランにとても弱い姿を見せたという一部の批判を意識し、米国人が解放されるとすぐに追加制裁を発表したとみられる。

合わせてバイデン大統領は「すべての米国人にイラン旅行の深刻な危険性を改めて思い起こしてほしい」としてイランを旅行禁止国に改めて規定した。米国務省はこれまで「拉致の危険と逮捕・拘禁が発生しておりイランを旅行しないように」と警告してきた。

バイデン大統領はまだ抑留されている収監者の帰国を願いながら「人質にされたり不当に抑留されたすべての米国人を帰国させるまでわれわれは活動をやめないだろう」と強調した。

ロイター通信によると、米国の制裁により韓国の銀行に凍結されていたが解除されたイランの石油輸出代金60億ドルをイラン側が受領し、これを受け米国とイランの間で収監者の交換が行された。交換対象は5人のイラン人収監者と5人の米国人収監者だった。米国人収監者はこの日カタール航空機でテヘランを離れた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領「イラン抑留米収監者の解放助けた韓国政府などに感謝」

    2023.09.19 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦大統領とバイデン米国大統領が先月18日にワシントンDCに近い大統領別荘のキャンプ・デービッドで開かれた韓米首脳会談に先立ち明るい顔で対話している。[写真 韓国大統領室]
    TOP