주요 기사 바로가기

慶州市、日本から輸入の水産物に原産地表示特別点検

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.18 16:22
0
福島原発汚染水の放出以降、信頼できる水産物消費環境を形成するため、慶州市(キョンジュシ)が原産地表示特別点検を18日から12月5日まで実施する。今回の点検は水産物品質管理院浦項(ポハン)支院、浦項海洋警察署と共に協力体系を構築して実施する。

特別点検は、輸入水産物の流通履歴追跡(トレーサビリティ)を通じて調査された地域内の日本産水産物取り扱い会社111社、刺し身店などを対象に、計20種の原産地表示法遵守について集中的に確認する。

 
慶州市は過去3年間、日本から主に輸入されるマダイ・ホタテ貝など15種を重点品目に指定してきた。7月には飲食店の原産地表示対象に5種を追加で指定した。

一方、慶州市は上半期の1次特別点検と一般飲食店常時点検で水産物の原産地未表示4件を摘発し、過怠金を賦課した。

朱洛栄(チュ・ナギョン)市長は「輸入水産物に対する市民の不安感を解消するために持続的に点検を行い、安心して水産物を消費できる環境をつくるために努力していく」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慶州市、日本から輸入の水産物に原産地表示特別点検

    2023.09.18 16:22
    뉴스 메뉴 보기
    今年6月、マート内の水産物コーナーで原産地表示を点検している。
    TOP