주요 기사 바로가기

<サッカー>こっそり消えた「人民ロナウド」韓光成 「北朝鮮に戻った」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.09.15 16:07
0
2019年にイタリア・セリアAのビッグクラブ「ユベントス」に移籍した北朝鮮サッカー選手の韓光成(ハン・グァンソン)が、8月中旬に北朝鮮に戻ったと伝えられた。韓光成は欧州5サッカーリーグで得点した最初の北朝鮮選手で「人民ロナウド」と呼ばれていたが、数年前に姿を突然消した。

14日(現地時間)のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、イタリアの北朝鮮スポーツ専門家マルコ・バコチ氏は最近のインタビューで「イタリアにいる韓光成の親友と最近話したが、韓光成は8月中旬にイタリアを離れたことを確認した」と述べたという。韓光成のフェイスブックメッセンジャーも8月中旬以降は閉鎖されている。

 
別の匿名の情報筋も韓光成が先月中旬に中国北京経由で他の北朝鮮住民と共に北朝鮮に帰ったと伝えた。北朝鮮が新型コロナ事態で国境を封鎖してから3年7カ月経過した先月22日、北朝鮮国営航空会社の高麗航空旅客機が北京から北朝鮮住民およそ200人を乗せて戻る際、韓光成も帰国したとみられると、RFAは伝えた。

北朝鮮代表チームを指導したヨルン・アンデルセン監督が今年1月に把握した韓光成の居住地はイタリアだったという。アンデルセン監督は「昨年を最後に連絡を受けていない」とし「最近は連絡ができなくなっている」と説明した。

韓光成は2017年にカリアリのユニホームを着てセリエAでゴールを決め、注目を集めた。そして2019年、世界的なサッカー名門球団のユベントスに移籍した。しかし北朝鮮の核ミサイル開発による国際社会の北朝鮮制裁で韓光成は海外の舞台でプレーすることができなくなった。2020年8月21日に21歳だった韓光成はアル・アフリを相手にシーズン最後の試合に出場した。韓光成はチームメートと共に「チャンピオン」と書かれたリーグ優勝トロフィーを握ったが、その後、姿が見えなくなった。

国際社会の対北朝鮮制裁で活動幅が狭まった韓光成は2020年1月、カタールのアル・ドゥハイルに移籍したが、同年、所属球団から契約満了の通知を受けてイタリアに戻り、結局、8月に北朝鮮に帰国したと伝えられた。

今年7月、CNNは2020年8月から公式的な活動がない韓光成が行方不明だと報じた。「カタールのドーハからローマ行きの飛行機に乗ったところまで確認されている」と伝えた。

杭州アジア競技大会組織委員会の公式情報サイトが13日に公開した資料によると、北朝鮮サッカー代表選手名簿に韓光成は含まれていなかった。海外労働者が帰国した後、監視と自己批判、強力な思想教育をする北朝鮮政権の特性上、しばらくは韓光成を国際大会に出場させないだろうという見方が出ている。

韓光成のユースチーム同僚だったニコラス・ペニントンはCNNのインタビューで「彼は本当に良い選手だった。適応も早く、みんなとうまく付き合った」と評価した。続いて「北朝鮮に関する質問をすると、非常に用心深くて対話が終わった。『警護』と呼ぶ人1人をいつも連れていた」とし「彼のサッカー経歴が政治的な理由で終わるのは残念だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP