주요 기사 바로가기

ドラマ『The Idol』のジェニー、見捨てられて反転エンディング…早期に打ち切り

ⓒ 中央日報日本語版2023.07.05 10:30
0
BLACKPINKジェニーの演技デビュー作であるHBOドラマ『The Idol』が扇情性の論議を呼んだ中で早期に打ち切りにされた。

HBOドラマ『The Idol』が2日(現地時間)、第5話を最終話に初シーズンを終えた。当初全6話で企画されたが、酷評と低調な成績の中で打ち切りが決定され、第5話で終わった『The Idol』の最後のエピソードでは捨てられる人物たちと反転した関係が描かれた。

 
​テドロス(ザ・ウィークエンド)が自分に意図的に接近したことを知ったジョセリン(リリー=ローズ・デップ)は、あらゆる方法で彼を追い出そうとした。そんな中、ジェニーが演じたダイアンも企画事務所から捨てられた。テドロスは6カ月後、公演準備をするジョセリンのところを訪ね、ジョセリンは実は本人がテドロスを利用したということを明らかにした。復帰舞台でテドロスをファンに紹介した後、2人のキスシーンでドラマは終わった。

『The Idol』の最終話では、これまでテドロスに利用されたジョセリンの反転面が描かれた。これまで悪人に設定されていたテドロスと弱者に設定されたジョセリンの位置が急激に変わり、蓋然性に対する疑問も絶えない。

本来全6話で企画された『The Idol』」は先月末、突然の編成変更とともに打ち切りのニュースを知らせた。正確な理由は知らされていないが、一部では続いた扇情性・有害性をめぐる論議が影響を及ぼしたのではないかという推測が出ている。

HBOドラマ『The Idol』は、浮上するポップアイドルをめぐる関係と音楽産業の世界についての物語を描いた作品だ。ポップスターのザ・ウィークエンドが製作を担当し、『ユーフォリア/EUPHORIA』のサム・レヴィンソン監督が演出を手掛けた。先月開かれた第76回カンヌ国際映画祭にも公式に招待されて話題を集めた。

関心の中で先月5日に初公開された『The Idol』はストーリーと関係なく不快なほど性的な描写でいっぱいの内容に海外メディアから酷評を受け、毎回公開されるたびに強姦ファンタジー、扇情性、喫煙などの論議に巻き込まれて非難の中心に立った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ドラマ『The Idol』のジェニー、見捨てられて反転エンディング…早期に打ち切り

    2023.07.05 10:30
    뉴스 메뉴 보기
    BLACKPINKのジェニー
    TOP