주요 기사 바로가기

米CIA長官、最近ウクライナを非公開訪問…「反撃作戦など議論」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.07.02 09:59
0
米情報機関のトップがウクライナを訪問し、同国のゼレンスキー大統領らと面談したとニューヨーク・タイムズなど米国メディアが先月30日に報道した。

報道によると、米中央情報局(CIA)のバーンズ長官は6月中にウクライナの首都キーウを非公開で訪問し、ゼレンスキー大統領やウクライナの情報当局者らと面談した。

 
訪問した時期はプリゴジン氏率いるワグナーグループが24日にロシア国内で武装反乱を起こす前とされる。

バーンズ長官は今回の訪問で「情報共有を通じてウクライナがロシアの侵攻に対抗できるよう助けるだろう」という米国の既存の立場を再確認したと匿名の米国政府当局者が伝えた。

今回の訪問が反撃作戦と関連して戦術的助言をしようとする次元でなされたものではなく、情報関連の懸案協議が主要な目的だったとこの関係者は説明した。

ウクライナ高官らはバーンズ長官に反撃作戦計画を説明しながらロシアが占領したウクライナ南部地域に対する奪還の意志を強く表明したと伝えられた。

また、ウクライナ軍が反撃作戦で明確な成果を出す場合、今後どのような交渉に臨もうとより良い交渉結果を出せるだろうと望むとバーンズ長官に説明したという。

ワシントン・ポストもバーンズ長官のキーウ非公開訪問のニュースを伝えながら、ウクライナがロシアの占領地を奪還し年末までにロシアと平和交渉を行うだろうという立場を説明したと報道した。

ウクライナの反撃作戦に精通した消息筋3人によると、ウクライナ当局者はバーンズ長官らに秋までに相当な領土を奪還して砲兵とミサイルシステムをクリミア半島境界線に近接するように移動し、ウクライナ東部でさらに進撃するだろうという自信を表明したと同紙は伝えた。

あるウクライナ高位当局者は「ロシアは脅威を感じる時だけ交渉するだろう」と話した。ただCIAはウクライナのこうした計画をバーンズ長官がどのように評価するのか論評を断った。

バーンズ長官は今回の訪問に先立ち、戦争勃発後に定期的にウクライナを訪れているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米CIA長官、最近ウクライナを非公開訪問…「反撃作戦など議論」

    2023.07.02 09:59
    뉴스 메뉴 보기
    米中央情報局(CIA)のバーンズ長官。[中央フォト]
    TOP