주요 기사 바로가기

北朝鮮重量挙げチーム、連絡もなく現れず…選手リスト14人がキューバ大会不参加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.06.09 11:22
0
世界的に新型コロナが落ち着いている中、北朝鮮が国際ウエイトリフティング界に復帰するような動きを見せていたが、結局、選手たちは現れなかった。

国際重量挙げ連盟(IWF)ホームページによると、北朝鮮はキューバ・ハバナで8-18日(現地時間)に開催されるIWFグランプリ1次大会に選手団を送らなかった。

 
北朝鮮チームは5日までにハバナに到着する予定だったが、IWFやグランプリ組織委員会などに連絡もせず姿を見せなかったと、ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

IWFはロシアの北朝鮮大使館を通して北朝鮮側との接触を図ったが、連絡はつかなかった。北朝鮮チームはキューバグランプリ不参加で2024パリオリンピック(五輪)出場も不透明になった。IWFが先月公開したキューバグランプリ出場者リストには北朝鮮選手14人の名前が含まれていたが、これは北朝鮮がパリ五輪出場を準備する信号と解釈された。

北朝鮮は新型コロナを理由に2021年に開催された2020東京五輪に出場せず、国際オリンピック委員会(IOC)から懲戒を受け、昨年末までいかなる国際大会にも出場できなかった。

今年懲戒が解除された北朝鮮がパリ五輪の重量挙げ種目に参加するには、IWFが指定した国際大会のうち義務大会2つ、追加大会3つなど少なくとも5つの大会に参加する必要があるが、キューバグランプリ1次大会は追加大会の一つだった。

義務大会は9月に開催されるサウジアラビア・リヤド世界選手権と来年4月のタイ・プーケットIWFワールドカップ(W杯)であり、まだ出場が可能だが、追加大会はキューバグランプリを含めて3つしか残っていない。

北朝鮮が12月のカタール・ドーハIWFグランプリ2次大会と来年2月のウズベキスタン・タシケント・アジア選手権など残り2つの追加大会に出場しても、IWFが指定した要件を満たすことはできない。

重量挙げは北朝鮮が歴代夏季五輪で最も多い18個のメダルを獲得している種目であり、北朝鮮が重量挙げを通じて五輪舞台に復帰するのではという見方も出ていた。

IWFは北朝鮮のキューバ大会不参加に関する論評の要請に応じなかったと、RFAは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮重量挙げチーム、連絡もなく現れず…選手リスト14人がキューバ大会不参加

    2023.06.09 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団
    TOP