주요 기사 바로가기

習主席の発言を引用したところ…中国コメディアン、活動停止で処罰の危機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.05.17 07:20
0
中国のあるコメディアンが、習近平国家主席の発言をジョークの素材にして使ったが、これが世論から非難を浴びていると新京報など現地メディアが16日、伝えた。

報道によると、ハウス(House)という芸名で活動するコメディアン(本名・李昊石)は13日、北京で開かれたトークショーの公演で観客に野良犬2匹の里親になった経験を話し、習主席の発言を引用した。

当時、彼は捨て犬たちがリスを追いかける姿を見ながら「『作風優良、能打勝仗』という言葉が思い浮かんだ」と話した。

 
これは習主席が2013年の党大会で新しい人民軍隊の建設を宣言し、「党の指揮に従い(聽黨指揮)、戦えば勝ち(能打勝仗)、仕事ぶりが素晴らしい(作風優良)」と述べたものの一部を引用した言葉だった。

しかし、現地オンライン上からはこの発言が中国人民解放軍を侮辱したものだとして強く反発する声があがった。

論争が大きくなると、ハウスの所属事務所は15日、不適切な比喩で物議を醸したことを謝罪し、彼の活動を無期限中断させたと明らかにした。

中国官営メディアも批判に加わった。人民日報は16日、微博に掲載した評論で「あるトークショーの出演者が人民兵士を不快にさせ、彼の所属会社が立件され、調査を受けている」とし「一方的な笑いの効果だけを追求しようとすれば、一線を踏み外すことになる」と批判した。

極目新聞は、当局がこの事件を調査するとし、調査結果に応じて処罰を受けることになると伝えた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習主席の発言を引用したところ…中国コメディアン、活動停止で処罰の危機

    2023.05.17 07:20
    뉴스 메뉴 보기
    習近平国家主席
    TOP