주요 기사 바로가기

「ノージャパン終わり」ビールに続き自動車も販売回復…レクサスの販売台数昨年の2倍に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.05.10 07:50
0
日本の対韓半導体素材輸出規制措置後に激しく起こった日本製品不買運動が徐々に沈静化し、日本産ビールに続き自動車の輸入も次第に回復傾向を見せていることが明らかになった。韓国輸入自動車協会(KAIDA)が9日に明らかにしたところによると、1~4月のトヨタの高級ブランド「レクサス」の販売台数は4321台で前年同期比114%増加した。最も多く売れたモデルは「ハイブリッドES300h」で、4月の1カ月間で648台が売れ輸入車のうちで3番目のベストセラーカーとなった。1~4月の累積でも3094台が売れ、ドイツBMW「520」とメルセデス・ベンツ「E3504マチック」に次いで多く売れた。

トヨタも1~4月に2383台が売れ前年同期比35.6%が増えた。トヨタは今年韓国で新車8モデルを発売して販売実績を引き上げる計画だ。先月にはスポーツ多目的車(SUV)の「RAV4」第5世代のマイナーチェンジモデルを発売し、8日からは「クラウン」の事前契約を始めた。クラウンは1955年に登場してから昨年第16世代まで発売されている代表モデルだ。

トヨタをはじめ、ホンダと日産など日本の自動車メーカーの販売台数は強制徴用被害者賠償判決を口実に日本政府が半導体とディスプレー素材の韓国向け輸出を規制した2019年から4年連続で減少していた。KAIDAによると2018年に4万5253台だった日本車販売台数は昨年1万6991台に落ち、2007年以降で最低の販売台数を記録した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ノージャパン終わり」ビールに続き自動車も販売回復…レクサスの販売台数昨年の2倍に

    2023.05.10 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    トヨタは上半期に「RAV4」のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを発売する予定だ。トヨタが韓国市場で初めて発売するPHEVモデルだ。[写真 トヨタ]
    TOP