주요 기사 바로가기

韓米、13~23日に「フリーダム・シールド」合同演習…北核ミサイル脅威を反映

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.03 14:30
0
韓米軍当局は共同防衛態勢確立のために今月13日から23日まで11日間、合同演習「フリーダム・シールド(Freedom Shield・FS)」を実施すると3日、共同発表した。

韓米はこの日「今回の合同演習は北朝鮮の核・ミサイル高度化と最近起きた戦争・紛争の教訓など変化する脅威と様変わりした安全保障環境が反映された演習シナリオをベースに、オーダーメード型演習を行い同盟の対応能力をより一層強化する」と明らかにした。

 
今回のFS演習期間に韓米は双龍(サンヨン)合同上陸訓練と合同特殊作戦訓練(チーク ナイフ、Teak Knife)など20余りの訓練を集中的に行い、合同野外機動訓練を過去のトクスリ訓練(FE)以上の水準に拡大して実施する。

文在寅(ムン・ジェイン)政府時に事実上中断された戦区級大規模実機動韓米合同演習が5年ぶりに復活する。

FS練習期間に集中的に実施する合同野外機動訓練の名称は「戦士の盾 合同野外機動訓練(Warrior Shield FTX、WS FTX、ウォリアー・シールドFTX)」に決まった。

韓米は「大韓民国を防御するための合同防衛態勢を確固たるものにするという韓米連合軍の能力と意志を象徴する」とし「FE水準に拡大した大規模合同野外機動訓練を集中的に実施することによって連合作戦遂行能力を向上させる」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓米、13~23日に「フリーダム・シールド」合同演習…北核ミサイル脅威を反映

    2023.03.03 14:30
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月20日、韓米連合空軍訓練のため韓半島に展開された米軍のB-52H、F-22が飛行している。 [写真=国防部]
    TOP