주요 기사 바로가기

韓国副首相「半導体の反騰なしでは輸出難しい…Kブランド偽造取り締まりも強化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.03.02 16:13
0
韓国の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)副首相兼企画財政部長官が「半導体の景気反騰がなければ当面輸出回復に大きな困難がある」と述べた。先月の1日平均輸出が1月に比べて小幅で改善したものの、依然と不確実性が大きいと評価するなかで出てきた。韓国政府は輸出回復案としてメディア・観光などK-コンテンツ事業を指定し、K-ブランドの偽造などに対する取り締まりを強化することにした。

秋副首相は2日、非常経済長官会議兼輸出投資対策会議を開いて「全産業の生産プラス転換など肯定的な動きはあるものの、輸出不振が持続し、今後の景気の流れに不確実性が大きい」とし「世界経済と韓国経済はどちらも厳しい状況」と明らかにした。政府は前年比14億ドル増となる6850億ドル(約93兆6000億円)を今年の輸出目標に据えた。

 
◇K-コンテンツ育成積極支援

政府が目標達成のための輸出突破口として白羽の矢を立てたのはK-コンテンツ事業だ。秋副首相は「訪韓観光客が今年に入って新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)以前の約40%水準まで回復している」とし「訪韓観光がより活性化するように13日に3年ぶりに再開されるクルーズ運航に備えて支援を強化していく」と話した。今年と来年を「韓国訪問の年」として韓流コンサートなど観光イベントも開催する。

2027年までに年間250億ドルの輸出達成を目指してK-コンテンツ産業の育成にも注力する。現在10カ所のコンテンツ海外ビジネス拠点を、ニューヨーク・ロンドンなど5都市に下半期までに追加構築する。2027年までに50カ所に増やす考えだ。輸出入銀行によると、コンテンツ輸出が1億ドル増加すると消費財1億8000万ドルの輸出を牽引(けんいん)する効果がある。

韓国のブランド評判が高まることによって増加したK-ブランドの偽造行為への対応も強化することにした。秋副首相は「知識財産権イコール輸出競争力の根幹である以上、商品偽造被害を予防することができるように正規商品・偽品識別技術開発などを積極的に推進する」とし「偽造商品モニタリング対象を世界100余カ国、1600個余りの商取引プラットフォーム(従来8カ国、19のプラットフォーム)へと大幅に拡大する」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP