주요 기사 바로가기

英国のカミラ王妃、戴冠式で「インド植民地の涙」ダイヤ王冠を使用せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.15 10:20
0
英国チャールズ3世国王の夫人カミラ王妃が5月の戴冠式の時、前例とは違ってダイヤモンド「コ・イ・ヌール」が飾られた王冠を使用しない。

英国王室は14日(現地時間)、カミラ王妃が1911年、メアリー王妃が戴冠式の時にかぶった王冠を再利用すると明らかにした。メアリー王妃はジョージ5世の夫人で、チャールズ3世の曾祖母だ。

王室はロンドン塔にある王冠を取り出して形を整え、エリザベス2世女王がブローチなどで使用していた南アフリカ産カリナンのダイヤモンドで飾ると明らかにした。

 
戴冠式の時、既存の王冠を再利用したケースは、18世紀ジョージ2世の夫人キャロライン王妃が最後だ。

王室は王冠の再利用は持続可能性と効率性の利点があると付け加えた。

英国王妃たちは20世紀に入り、戴冠式でコ・イ・ヌールの王冠を着用した。しかし最近ではこの宝石がインドが帝国主義英国の植民支配を受けた時代のシンボルで、インドと外交葛藤を引き起こす恐れがあるという指摘が出てきた。

インド政権党のインド人民党(BJP)は、「植民地時代の苦しい記憶を思い浮かばせるようなことだ」とし、強い反対の意思を明らかにしている。

コ・イ・ヌールは大きさ105.6カラット(21.12グラム)で、約1000年前に採掘され、1849年に英国王室に渡った。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP