주요 기사 바로가기

「韓国人は毛皮の服を着てアイスコーヒーを飲む」…外信も驚く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.12 12:05
0
ひざまで覆う毛皮の服を着ながらもアイスコーヒーを飲む韓国の文化に外信も関心を見せた。

AFP通信は10日、「韓国人は厳寒の冬でもアイスアメリカーノを飲む」とし、韓国の「オルチュガ」文化を紹介した。「Eoljukah」と表記された「オルチュガ」は、「凍え死んでもアイスアメリカーノを手放さない」という意味の新しい韓国の格言だ」と説明した。

韓国ドラマとK-POP人気が高まり、韓国人がアイスアメリカーノを好んで飲むことが海外にも知らされた。AFPは「K-POPスターのBTSも飲む。韓国ドラマにも出てくる」と紹介した。

 
AFPによると、昨年韓国スターバックスで販売されたドリンクのうち76%がコールドドリンクで、寒さが猛威を振るった先月もコールドドリンクが54%でホットドリンクより多く売れたと伝えた。

AFPは「冷たいコーヒーを飲むのはより速くカフェインを摂取するため」という韓国人の発言を紹介しながら、韓国人が冷たいドリンクを好むのを、スピードを重視する韓国の「パリパリ文化」と関連付けたりもした。

一方、現代リサーチ研究所の2019年の研究によると、韓国人は年間平均353杯のコーヒーを飲むことがわかった。これは世界平均の2倍に達する数値だ。

エスプレッソを開発しホットコーヒーに対する愛情が深いイタリア出身タレントのアルベルトはある放送で「アイスアメリカーノを意味する『ア・ア』は、いっそ『コレアーノ』と呼んでもよさそうだ」と話したりもした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP