주요 기사 바로가기

「なぜこんな日にチキンとスイカを出したのか」中学校給食で騒然となった米国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.02.08 10:41
0
米ニューヨークの中学校と食品販売業者が「黒人歴史月間」の2月初日の給食でチキンとワッフル、スイカを提供したことについて謝罪した。

6日(現地時間)、米CNNは人種差別論争に巻き込まれた食品販売会社アラマーク(Aramark)について報じた。

 
人種差別論争は、ニューヨーク州ラクランド郡のナイアック中学校の生徒たちに今月1日、給食としてチキン、ワッフル、スイカが提供されたことから起こった。

チキンは「過去に綿花農場の地主が黒人奴隷に安いからと提供した食べ物ということに由来している」という説が提起された。

スイカは所得水準が高くない黒人の低所得層がよく食べる「安い果物」だったが、そのため「黒人はスイカに目がない」、「黒人はスイカが嫌いなふりをしながら隠れてスイカを食べる」のような人種差別的固定観念が存在する。

CNNによると、同日、学校のウェブサイトにはランチメニューとしてチーズステーキとブロッコリー、果物などが出ると公示されたが、学校側とアラマーク側はいずれもランチメニューが変更された理由と時期について明らかにしていないという。

ナイアック中学校長は給食が提供された翌日、公式書簡により保護者に「黒人歴史月間の初日、該当メニューを提供したことについて謝罪する」とし「アラマークの関係者に連絡し、昨日の過ちを繰り返さないという約束を受けた」と述べた。

アラマーク側も、意図した訳ではなかったが、不適切なランチメニューだったことを認めると謝罪した。

アラマークがこのようなミスを犯したのは今回が初めてではない。

2018年にもニューヨーク大学の食堂に黒人歴史の月の特別ランチメニューとしてカルビ、コーラドグリーン、トウモロコシパン、マカロニ・アンド・チーズ、スイカ味のジュースなどを提供し、黒人に不快感を与えるメニューを提供したという批判を受けた。その後、職員2人が解雇され、ニューヨーク大学はアラマークと再契約しなかった。

米国の2月は「黒人歴史月間」だ。米国の歴史学者カーター・ウッドソンが1926年に黒人の闘争と業績を称えるために2月の第2週を「黒人歴史週間」に指定したことに由来する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「なぜこんな日にチキンとスイカを出したのか」中学校給食で騒然となった米国

    2023.02.08 10:41
    뉴스 메뉴 보기
    チキンの資料写真 [写真 シャッターストック]
    TOP