주요 기사 바로가기

フランスのペット雑誌で韓国産犬紹介

2002.07.22 21:45
0
珍島(チンド)犬、サプサル犬、豊山(プンサン)犬など韓国の在来種がフランスの権威あるペット雑誌の7月号(7月19日発刊)に紹介され、話題となっている。

3ページにわたって紹介された「韓国特集」の原稿は、1月、フランス教育功労勲章を受章した韓国外大同時通訳大学院のチェ・ミギョン(38)教授が寄稿し、写真は専門写真作家のイム・インハク氏が撮った。

同誌は後書きで、「ワールドカップ(W杯)を契機に韓国に対する関心が急激に増加し、サッカーを越え、韓国の驚くべき伝統について取材した」とし、「西欧では主に史跡などに対して文化財に指定するが、韓国では犬に対しても、天然記念物という称号を与える」と明らかにした。

特に同誌は、2000年、歴史的な南北首脳会談の際、金正日(キム・ジョンイル)委員長のプレゼントで、豊山犬のつがいが韓国に送られ、金大中(キム・デジュン)大統領も珍島犬のつがいをプレゼントした」と紹介した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP