주요 기사 바로가기

韓国半導体、DDR5に希望を抱くが…インテル・AMDが救世主なるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.24 09:08
0
「需要の崖」に直面した半導体業界がインテル・AMDなど中央処理装置(CPU)企業の新製品に期待をかけている。サムスン電子・SKハイニックスなどメモリー半導体が主力の韓国半導体企業は早くから次世代製品のDDR5 DRAM量産体制を整えた状態だ。しかしこれに対応するサーバーやパソコン(PC)が普及しなければ本格的な販売は難しい。

関連業界によると、インテル・AMDなどCPU企業が新しいDRAM規格のDDR5に対応するCPUを次々と出している。昨年下半期以降、製品の需要減少で販売を先延ばしにしてきたが、AMDがPCとデータセンター(サーバー)用CPUの販売を始めたのに続き、インテルも10日(現地時間)にサーバー用新型CPUの販売に入った。情報技術(IT)業界ではこれら新製品が半導体需要の「呼び水」の役割をすると期待する。

PC用製品はインテルとAMDが共に昨年、新製品を出した。共にDDR5 DRAMを対応するCPUだ。インテルは昨年9月に「第13世代Coreプロセッサー」(コード名Raptor Lake)を出した。インテルが「世界最速デスクトップCPU」とする「Raptor Lake(ラプターレイク)」はゲームで24%、動画などコンテンツ制作で34%の性能向上を実現させた。

これに先立ちインテルは第12世代「Alder Lake(アルダーレイク)」でもDDR5 DRAMに対応したが、本格的なメモリー世代交代は「Raptor Lake」からと期待される。AMDもDDR5対応のPC用CPU「Ryzen7000」シリーズを昨年8月から販売している。両社ともに今年はノートブック用CPUを出してPC景気の反騰を狙う計画だ。

AMDのリサ・スー会長は今月初めに開催されたCES2023で演説し、ノートブック用プロセッサ「Ryzen7040」を公開した。スー会長は「アップルのチップより30%、インテルのチップより45%速く、30時間以上持続するバッテリー性能を提供する」と説明した。インテルも今回のCESでモバイル用「Raptor Lake」を公開して対抗した。

メモリー業界の期待をさらに高めるのはサーバー用CPUだ。AMDが昨年11月、サーバー用CPU「第4世代EPYC(エピック)」を出したのに続き、インテルもサーバー用CPU「第4世代Xeonスケーラブルプロセッサ」(コード名サファイアラピッズ)を販売し、最近停滞しているデータセンター・サーバー用製品の販売が増えるという見方が出ている。

半導体業界がデータセンターに希望を抱くのはPC市場に比べて見通しがよいからだ。世界的な景気沈滞でPCの需要は回復の兆しが見えない。新型CPUの登場で入れ替え需要が発生するが、全般的な市場状況の改善はしばらく難しい。市場調査機関IDCによると、昨年の全体PC出荷量は2億9230万台と、前年(3億5010万台)比16.5%減少したという。

需要不振の中でもデータセンター需要は続くというのがIT業界の希望だ。人工知能(AI)、ビッグデータなど大規模なデータ保存と演算が必要な事業群が増えているからだ。テック業界のリストラの流れが無人ビジネスの増加につながり、クラウドのような大規模保存の需要を増やすという観測もある。

現在の主力製品DDR4と比較して最大2倍の伝送速度を持つDDR5に対応するCPUが増え、価格も下落傾向にある。市場調査会社オムディアは今年半ばにDDR5がDDR4を抜いて市場の製品になると予想した。来年はDDR5の市場シェアが42%、DDR4は8%まで下落する見通しだ。

サムスン電子は昨年すでに次世代工程の10ナノメートル(nm、10億分の1メートル)級第5世代DRAMと第8世代V-NAND型フラッシュメモリーの量産を発表した。SKハイニックスも次世代製品DDR5、HBM(高帯域幅メモリー)3など高付加サーバー用製品を中心に市場を狙う。

しかし市場が期待ほど回復しないという見方もある。市場調査機関トレンドフォースは今年のサーバー市場の成長率を当初3.7%と予想していたが、最近は2.8%に下方修正した。業績悪化で主要企業が関連投資を減らしているからだ。

半導体業界の関係者は「景気沈滞の中で韓国半導体の主力のメモリーが回復するには、結局、サーバー用製品の需要が増えなければいけない」とし「在庫が安定化する下半期からは投資も増えて反騰すると期待している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国半導体、DDR5に希望を抱くが…インテル・AMDが救世主なるか

    2023.01.24 09:08
    뉴스 메뉴 보기
    12ナノ級16Gb DDR5 DRAM。韓国半導体企業はDDR5対応のCPUが増えれば主力製品のメモリー半導体市場も回復すると期待している。 写真=サムスン電子
    TOP