주요 기사 바로가기

「一週間にビール2杯のみ」…事実上「禁酒」勧告にカナダでは大騒ぎ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.20 12:08
0
カナダ保健当局が自国民にアルコール摂取量を一週間に2杯に制限する、事実上「禁酒」に通じる健康基準を勧告して議論を呼んでいる。

18日(現地時間)、英紙ガーディアンによると、「カナダ薬物使用・依存症センター(CCSA)」はこの日、適当に飲む酒もがん、心臓疾患、脳卒中などを誘発するなど健康に深刻な危険になり得るとしてこのように勧告した。

カナダ保健部傘下のCCSAは、飲み会での適正アルコール摂取量は、5度のビール355ミリリットル1杯、12度のワイン148ミリリットル1杯、40度の酒1杯だと提示した。

CCSAは、このような飲み会が一週間に2回以下になると、健康を害する危険性が低いとみられると説明した。

今回の勧告案作成にパネルとして参加したサスカチュワン大学家庭医学科のピーター・バート教授は「大衆に証拠を提示したかった」と勧告の趣旨を明らかにした。

また、事実上禁酒と同様という見方に対して「これは禁止事項ではなく、ただ一度飲む時に少なめに飲むように勧告したもの」と付け加えた。

また、CCSAは妊娠中、または妊娠しようとする場合は、いくら少ない量でもアルコールは有害である可能性があると警告し、授乳中は節制するよう呼びかけた。

しかし、一部の健康専門家はCCSAのこのような勧告に懐疑的だった。

ブロック大学保健医学科のダン・マレック教授は「このような研究は酒が与える楽しさ、快楽、ストレス解消、社交などの幸福感を見過ごしている」とし「CCSAで働く人々は酒の利点を考慮せず、ただ有害な点だけを捜し出す」と主張した。

また、今回のガイドラインが普段適当に酒を飲んでいると思っていた人たちを高危険群に分類し、彼らに心配とストレスを与える危険があるとし「無責任だ」と強調した。

今回の勧告は2011年に比べて180度変わったもので、普段酒を楽しむカナダ人の反発を買っている。当時CCSAは、男性は一週間に15回、女性は一週間に10回以内に酒を飲むように勧告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「一週間にビール2杯のみ」…事実上「禁酒」勧告にカナダでは大騒ぎ

    2023.01.20 12:08
    뉴스 메뉴 보기
    ビールの資料写真
    TOP