주요 기사 바로가기

<サッカー>「孫興ミンはロボットでなく人間」 弟子をかばうコンテ監督

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.19 09:52
0
トッテナムのアントニオ・コンテ監督(54)が不振のエース孫興ミン(ソン・フンミン、31)をかばった。

コンテ監督はマンチェスター・シティ(マンC)戦を控えて18日に行われた記者会見で孫興ミンに関する質問を受けると、「今季の孫興ミンは昨季ほど得点できていない。良い便りではない。私たちも孫興ミンのゴール数を数えることくらいはできる」と答えた。その一方で「私たちはロボットではなく人間について話している」と強調した。トッテナム-マンC戦は20日に英マンチェスターのエティハド・スタジアムで行われる。

昨季23得点でモハメド・サラー(リバプール)と共にEPL得点王になった孫興ミンは今季4得点(17試合)にとどまっている。

孫興ミンは5日のクリスタル・パレス戦(第19節)で9試合ぶりにゴールを決め、復活の兆しを見せたが、昨年11月の眼窩底骨折の手術後およそ10週ぶりにフェースガードを外してプレーした16日のアーセナル戦では有効シュート1本に終わった。トッテナムはこの日、北ロンドンのライバルのアーセナルに0-2で敗れた。現地メディアは孫興ミンのプレーに失望感を表しながら非難を浴びせた。一部のファンは「孫興ミンを先発から外すべきだ」と主張した。

トッテナムも不振だ。昨季4位で欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ出場権を獲得したトッテナムは現在、勝ち点33で5位。首位アーセナル(勝ち点47)との差は14点に開いた。優勝レースからも一歩後退した。最近のリーグ4試合は1勝2敗1分けだ。コンテ監督は「毎日、本当に熱心に練習しているということしか話せない」とし「(成績に対する)批判があるならば受け入れる。しかし最善を尽くしているので、このような批判を理解しがたい」と語った。

イタリア出身のコンテ監督はチーム不振の原因と今後の目標などについて監督が毎回説明する状況にも不満を表した。

コンテ監督は「選手がリハビリ中の時、医療スタッフがこの席に出てきて話すのを見たことがない」とし「英国では監督だけが出てきて説明するという悪い慣習がある」と指摘した。続いて「GMやクラブ側から出てきてビジョンや戦略を説明するのも見たことがない。イタリアでは試合前に球団側がすべての質問に答える」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「孫興ミンはロボットでなく人間」 弟子をかばうコンテ監督

    2023.01.19 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    孫興ミン[写真 トッテナム インスタグラム]
    TOP