주요 기사 바로가기

「ウサギの穴」にはまる韓国経済…専門家ら「低成長固定化元年になるだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.12 07:25
0
経済・経営の専門家らは韓国の今年の経済状況をルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』に例え「ウサギの穴にはまった経済状況になるだろう」としながら、暗く混乱した状況に陥ることを懸念している。

大韓商工会議所が大学教授と公共・民間研究所の研究委員ら専門家85人を対象に「2023年経済キーワードと企業環境見通し」を調査した結果だ。

専門家は今年の韓国の経済成長率を1.25%水準と予想した。企画財政部の1.6%、韓国銀行の1.7%、経済協力開発機構(OECD)の1.8%、国際通貨基金(IMF)の2%など内外主要機関が出した見通しよりも低い。さらに「今年が低成長が固定化する元年になるだろう」という意見が76.2%に達した。

 
今年の韓国経済に最も大きなリスクとしては、24.5%が「高金利」を挙げた。次いで「高物価・原材料価格の上昇持続」が20.3%、「輸出鈍化・貿易赤字長期化」が16.8%、「内需景気沈滞」が15.0%、「米中対立など地政学リスク」が13.8%などの順だった。

それなら迷宮に陥った韓国経済はどこに活路を見いだすべきだろうか。専門家らは半導体に続く「次世代収益源」を探すのが急務だと強調した。

バッテリー(21.2%)、バイオ(18.8%)、モビリティ(16.5%)、人工知能(10.6%)などだ。韓国政府には未来戦略産業育成(25.0%)と資金・金融市場安定(23.8%)に重点を置いて経済政策を推進すべきと指摘した。

延世(ヨンセ)大学経済学部のチョ・ソンフン教授は「主力産業の競争力を強化し、バイオ、防衛産業、親環境エネルギーなど新産業を育て国家競争力を多角化すべき」と提言した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ウサギの穴」にはまる韓国経済…専門家ら「低成長固定化元年になるだろう」

    2023.01.12 07:25
    뉴스 메뉴 보기
    [中央フォト]
    TOP