주요 기사 바로가기

【社説】無人機侵犯状況で「北朝鮮内通説」めぐる政争をする時か=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.09 13:21
0
北朝鮮無人機の領空侵犯挑発(12月26日)で首都ソウルの防空網が破られた今、原因究明と補完対策の準備に集中するのが当然な手続きだ。しかし敏感な国家安全保障事案をめぐり与党が「北朝鮮内通説」まで提起し、与野党の激しい政治攻防で時間を浪費している。見苦しく、憂慮される。

今回の無人機挑発事件の本質は明確だ。北朝鮮は停戦協定と2018年9・19軍事合意を違反し、韓国軍の防空網が突破された状況で戦闘機とヘリコプターまでが出動したが、結局は無人機を撃墜できなかったという事実だ。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が北朝鮮の追加挑発がある場合、9・19合意の破棄を検討する可能性を明らかにし、2メートル未満の小型無人機迎撃のための訓練と先端装備拡充計画を明らかにしたところまではよかった。

問題は与野党の政争だ。韓米連合軍司令部副司令官だった民主党の金炳周(キム・ビョンジュ)議員の疑惑提起で始まった。先月28日、国防部と合同参謀本部の国会国防委懸案報告を受けた翌日、金議員は「北の無人機が飛行禁止区域を侵犯した可能性がある」と公開的に問題を提起した。当時まで韓国軍はこれを否認していた。しかし警護のために大統領室の半径3.70キロに設置されたP-73飛行禁止区域を北朝鮮の無人機が侵犯した事実が、北朝鮮の挑発から10日ほど経過した4日に明らかになり、本質が隠れて政争に飛び火している。大統領室は6日、「金議員に無人機関連の情報を流した人物を調べるべき」とし、事案の焦点を野党の流出問題に置いた。続いて首都防衛司令官を務めた申源シク国民の力議員は「金議員が北と内通しているという合理的な疑いを持たざるを得ない」と主張した。

すると元陸軍大将の金議員は「無人機の航跡をたどって地図を30分ほど見れば誰でも類推できることさえも分からない大統領室が無能と無知を表した」とし「警護の失敗」を批判した。3つ星将軍出身の韓起鎬(ハン・ギホ)国民の力議員は民主党を狙って「犯罪を犯した北ではなくわが軍を侮辱して歪曲する姿が嘆かわしい」と述べた。

与野党の争いの中、韓国軍の対応問題が追加で確認された。北朝鮮の領空侵犯時点は合同参謀本部が当初認知した12月26日午前10時25分でなく、それより6分早い10時19分だった。さらに無人機を最初に識別した第1軍団の報告を受けた合同参謀本部が首都防衛司令部に浸透の事実を知らせなかったため、無人機が飛行禁止区域に侵入した後に対応態勢を発令することになった。

挑発は北朝鮮が起こしたにもかかわらず国内で争うのは北朝鮮の意図に巻き込まれる愚かなことだ。今からでも無人機挑発過程で確認された防空体系の問題を総体的に点検する必要がある。与野党も政治攻防を中断し、安全保障の空白を埋める緻密な補完案をついて協議することを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】無人機侵犯状況で「北朝鮮内通説」めぐる政争をする時か=韓国

    2023.01.09 13:21
    뉴스 메뉴 보기
    国会国防委員会の与党幹事・申源シク(シン・ウォンシク)国民の力議員(右)と民主党幹事・金炳周(キム・ビョンジュ)議員。申議員は北朝鮮無人機の領空挑発事件以降、金議員の「北朝鮮内通説」を提起し、正面衝突している。 [中央フォト]
    TOP