주요 기사 바로가기

女優ソン・ナウン、ドラマで「ナッツ・リターン事件」を風刺…「私よりお金がなければ、パワハラはしないで」

ⓒ 中央日報日本語版2023.01.09 11:20
0
ドラマで女優ソン・ナウンが「ナッツ・リターン事件」を風刺した。

1月8日に放映されたJTBC土日ドラマ『代行社』(原題、脚本ソン・スハン、演出イ・チャンミン)第2話では、米国に留学中だったVCグループ会長の娘カン・ハンナ(ソン・ナウン扮)が韓国に帰国した。

同日、韓国に帰る飛行機の中でカン・ハンナはワインとマカダミアを注文した。そして一歩遅れて眼帯を外したカン・ハンナの顔を確認したキャビンアテンダント(CA)は「申し訳ない。マカダミアを改めてお皿に盛って差し上げる」と言って袋ごと持ってきたマカダミアを回収する姿を見せた。

カン・ハンナは「それをなぜお皿に盛ってくれるのか」と尋ね、CAは「企業オーナーのような特別な方々には…」と言葉を濁した。続いてカン・ハンナが「財閥に対する特別優遇?」と再度尋ねると「違う。以前に大きな問題があったので…」と答えた。

カン・ハンナは余裕のある笑みとともに「あ、ナッツ?」と問い返し、実際に起きた「ナッツ・リターン事件」に言及した。そして、マカダミアの袋を手にして乗務員と自撮り写真を撮影し、該当写真をSNSに掲載した。カン・ハンナは掲示文に「10年も経ったのにいまだ苦しんでいるキャビンアテンダントさん。ナッツ・リターン? ラーメンのパワハラ? ああ、いやだ。私よりお金がなければパワハラするな!」という内容だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優ソン・ナウン、ドラマで「ナッツ・リターン事件」を風刺…「私よりお金がなければ、パワハラはしないで」

    2023.01.09 11:20
    뉴스 메뉴 보기
    女優ソン・ナウン
    TOP