주요 기사 바로가기

昨年、海外進出韓国企業24社が「リショアリング」…「投資計画1兆ウォン超」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.05 13:43
0
昨年1年間にLG化学を含む24の海外進出企業が韓国国内に復帰したことが分かった。これら企業が明らかにした投資計画は初めて1兆ウォン(約1040億円)を超えた。

産業通商資源部によると、昨年、国内復帰(リショアリング)の確認を受けた海外進出企業は24社と集計された。国内復帰企業、いわゆる「Uターン企業」とは「海外進出企業の国内復帰支援に関する法律」(リショアリング法)に基づく要件を満たし、政府から支援対象国内復帰企業選定確認書を受けた企業をいう。関連法が施行された2014年から現在まで計126社がリショアリングを選択した。

 
規模別に大企業は昨年1月に要件を満たしたLG化学1社で、中堅企業が8社、中小企業が15社。全体の企業数は2021年(26社)より2社少ないが、中堅・大企業の比率は37.5%と過去最高だった。

これら企業が明らかにした投資計画規模は計1兆1089億ウォンであり、2021年(7724億ウォン)比43.6%増の過去最大規模。特に500億ウォン以上を投資する企業数が7社と、前年より2社増えた。

雇用計画規模は前年比21.3%減の1794人と集計された。電気・電子(11社)、自動車(5社)、化学(1社)など資本集約的な業種の比率が増えたからだ。ただ、100人以上を雇用すると明らかにした企業数は8社で、2021年より1社多い。

国別には中国からのUターンが15社で最も多く、次いでベトナムの4社だった。ベトナムは昨年初めて韓国の最大貿易黒字国になるほど通商の比率が高まっている国だ。

政府は政策的支援をさらに拡大し、リショアリング企業を増やしていく計画だ。昨年、海外進出企業が従来の国内工場の遊休空間に設備を新規・追加で導入する場合、Uターン企業と認定されるよう関連施行令を改正したのが代表的な例だ。産業部は「今年は570億ウォンの投資補助金などインセンティブを活用し、Uターン企業を積極的に誘致し、国内定着を支援する」と明らかにした。

ただ、リショアリングを拡大するためには積極的な誘引策が必要だという指摘が依然として多い。KOTRA(大韓貿易投資振興公社)が海外に進出した国内企業734社を対象にアンケート調査を実施した結果、韓国にUターンする考えがある企業は4.5%(33社)にすぎなかった。

世宗大のキム・デジョン経営学部教授は「依然としてリショアリングは低調」とし「法人税を現在の26%から少なくとも経済協力開発機構(OECD)平均の21%まで低め、米国の『土地100年無償支援」のような破格的な支援策がなければいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    昨年、海外進出韓国企業24社が「リショアリング」…「投資計画1兆ウォン超」

    2023.01.05 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    LG化学清州(チョンジュ)工場
    TOP