주요 기사 바로가기

日本の専門家の警告「今年は第2の天安・延坪島砲撃の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.05 09:08
0
北朝鮮が韓国を「明白な敵」と規定して核武力強化の正当性と必要性を浮き彫りにした中、今年は韓国哨戒艦「天安」襲撃事件や延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件のような北朝鮮の武力挑発を警戒する必要があるという専門家の分析があった。

4日(現地時間)のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、朝鮮半島専門家の牧野愛博広島大客員教授兼朝日新聞外交専門記者はインタビューで、北朝鮮が放射砲(ロケット砲)を利用して挑発の程度を高めているとし、「今年は北朝鮮も韓国に敏感に対応するとみられ、天安爆沈事件や延坪島砲撃事件のように韓国に対する北朝鮮の武力挑発を警戒しなければいけない年になりそうだ」と述べた。

続いて「北朝鮮は2019年から600ミリ放射砲の試験を始め、いろいろと試してきた。(放射砲に)誘導装置を付けて正確性の向上、エンジン燃焼力の向上などを確認しただけに、今回、実戦配備したと考える」とし「北朝鮮が韓国を攻撃できる放射砲の性能を高めたのは、昨年5月に発足した韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の対北朝鮮政策が北朝鮮に大きな打撃になったことを表してる」と評価した。

牧野氏は「北朝鮮は2023年にも軍事的な挑発を続けるようだ」とし「2月8日の朝鮮人民軍創建75周年を迎えて閲兵式(軍事パレード)を進めるとみられる。その時、韓国を攻撃できるミサイルや無人機、すなわちドローンなどさまざまな武器を公開すると考える」と述べた。

7月27日の朝鮮戦争戦勝節70周年、9月9日の建国75周年にも閲兵式をし、4月15日の金日成(キム・イルソン)誕生記念日には衛星運搬ミサイル発射も試すという予想もした。北朝鮮が今年、新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射に成功するかどうかもカギになると指摘した。

また牧野氏は北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の絶対権力を構築するのに熱を上げていることについて「金正恩は白頭山(ペクドゥサン)血統一族という理由だけで指導者になった」とし「権力闘争経験がないことにコンプレックスを感じているようだ」と答えた。

朝鮮中央テレビが全員会議を報道する映像で金正恩総書記と次女キム・ジュエが共にミサイル基地を訪問する姿を公開したことについても「キム・ジュエではなく2010年に生まれた息子が後継者と評価されているが、、キム・ジュエの姿を放送しながらロイヤルファミリーの存在を絶対化させようとする考えもあるとみる」とし「これは『権力を他人に絶対に譲らず次世代に世襲を強行する』という宣言」と評価した。

北朝鮮の核武力増強と挑発を阻止するための韓日米の対応案については「韓国政府が1月中に徴用権問題解決策を発表し、日本政府がこれを受け入れる見通しというが、その後、日韓協力に時間を浪費せず規制も撤廃しながら日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が正常化すると聞いている」とし「今年春ごろ日米韓の交渉環境が形成されるとみている。その後、北朝鮮抑止力の強化に関する協力が進むだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の専門家の警告「今年は第2の天安・延坪島砲撃の可能性」

    2023.01.05 09:08
    뉴스 메뉴 보기
    2010年11月23日の延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発当時、韓国海兵隊のK9自走砲 写真=海兵隊
    TOP