주요 기사 바로가기

「米1位」数学天才少女の間違った恋愛…「320億ドル詐欺」共犯になったわけ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2023.01.04 09:40
0
昨年米国の暗号資産業界を崩壊させたいわゆる「FTXショック」が新たな局面を迎えている。詐欺事件の震源地と名指しされた系列会社アラメダ・リサーチのキャロライン・エリソン代表(28)が検察捜査に協力してだ。一時FTX設立者のサム・バンクマンフリード氏(30)の交際相手だった彼女が心を変え詐欺事件の顛末を明らかにする核心人物に浮かび上がった。

ワシントン・ポストは2日、「エリソンが変わった」として最近の変わった立場に注目した。同紙によると、彼女は先月19日に法廷で暗号資産取引所FTXの資金を引き出してアラメダ・リサーチのために無断に使った容疑を自白した。エリソンは「担保や利子なくFTXから事実上無制限の貸し出しを受けた。ほとんどがFTX顧客が暗号資産派生商品に投資した資金だった」と述べた。アラメダ・リサーチはこの資金で高リスク投資をして政治家に違法な選挙資金を提供した疑惑を受けている。両社は結局破産を申請し、FTXと系列会社の負債規模は最小100億ドルと推定される。

エリソンの陳述でバンクマンフリードの立地は狭まった。「経営上の失敗だっただけで詐欺ではない」という彼の主張が説得力を失っている。先月21日に米国に送還されたバンクマンフリードは保釈金2億5000万ドルを払ってカリフォルニアにある両親の家に軟禁された状態だ。タイムによると、容疑がすべて認められる場合、彼は最大で懲役115年の刑に処される可能性がある。

 
◇名門大学教授の下で育った数学天才少女

24歳の比較的に若い年齢でアラメダ・リサーチの代表になったエリソンはその秘訣のひとつとして幼少時に受けた教育を挙げた。早くから数学と経済学に興味を持ったおかげで暗号資産と投資業界の生理をいち早く理解できたという趣旨だ。フォーブスによると、エリソンは米マサチューセッツ工科大学(MIT)の経済学教授の両親の下で育った。数学の教科書も執筆した父親はエリソンに直接数学を教えた。彼女は「幼い時に両親から相関関係と因果関係の違いや統計方法論などを習った」と話した。

数学に才能を見せたエリソンは2008年に米国数学大会(AMC)で1位、2011年に国際言語学オリンピック(IOL)でベストソリューション賞などを獲得した。学生時代にエリソンが父親の誕生日にトイザラスの動物玩具の価格を分析した結果をグリーティングカードの代わりに渡した逸話は有名だ。数学天才少女は米スタンフォード大学数学科に進学した。

◇ヤング&リッチカップルから最悪の関係へ

バンクマンフリードと会ったのは2016年、自身の資本投資会社ジェーン・ストリート・キャピタルでだった。同紙は2人に共通点が多くすぐに親しくなったと分析した。バンクマンフリードはスタンフォード大学法学科教授の両親の下で育ち、数学が好きだった。特に2人は「効果的利他主義」に関心が多かったが、データなど実質的証拠を基に社会をより良くする方法を見つけようという一種の社会的な動きだった。

バンクマンフリードは2018年にFTXを設立し、エリソンは数カ月後にアラメダ・リサーチに合流した。ウォール・ストリート・ジャーナルによると2人は一緒に働きながら恋人関係に発展した。FTXは一時320億ドルの企業価値を保有し、バンクマンフリードはフォーブスが選定した「30歳以下の富豪30人」に選ばれたりもした。だが昨年11月にメディアがFTXの財務構造が不十分だとの疑惑を提起して顧客が相次いで資金引き出しを要求し、FTXは結局破産保護を申請した。

外信は危機に直面したエリソンが検察を助けて自身の量刑を軽くしようとしているとみている。一種の司法取引を通じてFTXを総轄したバンクマンフリードに責任を転嫁しようとするということだ。ワシントン・ポストは「捜査に協力する方法で自身の量刑を懲役5年ほどに下げようとする意図」と分析した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「米1位」数学天才少女の間違った恋愛…「320億ドル詐欺」共犯になったわけ

    2023.01.04 09:40
    뉴스 메뉴 보기
    MIT経済学教授の両親の下で育ったキャロライン・エリソンは幼い時から数学に才能を見せた。[ツイッター キャプチャー]
    TOP