주요 기사 바로가기

黄色い体に赤い頬「ピカチュウ」に染色された子犬…米国で「動物虐待」論争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.29 11:01
0
米国プロバスケット(NBA)の観覧席で日本のアニメ「ポケットモンスター」の人気キャラクター「ピカチュウ」そっくりに体毛を染められた子犬がカメラに捉えられ、動物虐待論争が巻き起こった。

27日(現地時間)、英紙デイリー・スターによると、この日マイアミ・ヒートとミネソタ・ティンバーウルブズのバスケットボールの競技場に来たある観覧客が連れてきた伴侶犬は、まるでピカチュウのように全身の毛を黄色に、頬の部分は赤色に染色されていた。耳の先は黒色で、背中にはピカチュウと同じような茶色の模様が入っていた。

この子犬の姿は当時試合を中継中のカメラに捉えられ、中継陣は「私は子犬があのような形の染色に同意したとは思えない」と指摘したと同紙は伝えた。

 
ピカチュウの姿をした子犬の映像はツイッターを通じて拡散し、ネット上ではこれを見て甲論乙駁が繰り広げられた。

ほとんどの人は「子犬がかわいそう」「飼い主を監獄に送るべき」「飼い主は『いいね』のためなら何でもするようだ」とし、飼い主の行為が動物虐待に該当すると批判した。また「犬の体毛を染める時、犬が深刻なアレルギー反応を起こしたりストレスを受けたりする場合がある」「犬は火傷をしたり化学物質で致命傷を負う場合もある。犬はモノではなく生きている生命体」という指摘もあった。

反面、一部では天然材料で作った子犬専用の染色剤は伴侶犬に有害ではないと反論した。ある人は「伴侶犬を染めるのはかわいい子供に服を着せるのと同じこと」とし「非難する人々はかわいい服を着せて満足する両親たちに児童虐待だと非難するのか」とコメントした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    黄色い体に赤い頬「ピカチュウ」に染色された子犬…米国で「動物虐待」論争

    2022.12.29 11:01
    뉴스 메뉴 보기
    「ポケットモンスター」の人気キャラクター「ピカチュウ」
    TOP