주요 기사 바로가기

【コラム】半導体覇権時代開かれたが韓国は壬辰倭乱控えた朝鮮のよう(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.26 11:27
0
16世紀以降に韓半島(朝鮮半島)周辺で発生した戦争は中国とロシアを中心にした東アジアの「大陸勢力」と、米国・英国・日本・スペイン・ポルトガルなどを中心にした「海洋勢力」の間の覇権衝突過程で見ることができる。このような東アジアの大陸と海洋勢力の覇権戦争は15世紀に欧州人が航海術を基に米国航路とインド・東南アジア・東アジア航路を開拓し始めた「大航海時代」から生じた。特に1592年に朝鮮と日本の間に起きた壬辰倭乱(文禄慶長の役)も大陸勢力である明が援軍を派遣した国際的性格の戦争だった。戦争の結果は東アジア3カ国である韓日中の政権が変わる歴史的転換点になった。壬辰倭乱は韓半島の地政学的意味を変えた初の戦争だった。歴史が流れ1894年に発生した日清戦争だけでなく、1904年の日露戦争も同じ脈絡でその覇権闘争過程で説明できる。大陸は巨大な人口を持つ市場であり、資源の供給元で、太平洋は商品とエネルギーを含んだ物流と連帯の通路だ。

◇半導体めぐる海洋と大陸の衝突

こうした大陸勢力と海洋勢力との衝突はまだ終わっていない。2023年をまもなく迎えるこの瞬間にも「半導体覇権戦争」の形態で再現されている。いま展開する時代をデジタルトランスフォーメーション(DX)時代と呼ぶ。これまで人間がやってきた肉体労働と精神労働をコンピュータが代わりにする。人間が独占してきた労働・生産・創造の概念と役割が変わる。特に人工知能が登場して人間の精神労働を機械学習と呼ばれる数学アルゴリズムが代わりにする。機械学習は物理的な空間とメタバース仮想空間で収集したデータを通じて行われる。人工知能は多くの人間より賢く、さらに正確で賢明になる。電力だけ供給すれば良く、睡眠も取らず、休み時間もなく、「静かな退職」もない。その結果、機械学習人工知能を独占した個人・企業または国が世界支配覇権を持つようになるだろう。

 
しかし人工知能機械学習の学習と判断過程には必須的に超大型コンピュータとデータ保存装置が必要だ。これを1カ所に集積した施設を超巨大データセンターと呼ぶ。ここに最も必須の核心部品がまさに高性能半導体である。人工知能の性能は半導体の性能によって決まるのだ。したがって競争力のある半導体技術確保なくして世界覇権を持つことができなくなった。

1950年1月10日に米国がアチソンラインを発表した。この境界線は米国がソ連と中国の領土的野心を阻止し太平洋を守るための極東防衛線だった。その結果、韓国と台湾、インドシナ半島が米国の防衛線から事実上除外された。2022年のいま、新たに仮想の「半導体アチソンライン」が形成されている。太平洋勢力の中心である米国を中心に半導体同盟国が半導体技術と産業を大陸勢力から遮断しようとする仮想の防衛線を作り出している。その境界線が韓半島の心臓を通る。半導体工場がある京畿道利川(キョンギド・イチョン)と平沢(ピョンテク)の頭上を通り、台湾のTSMCの上を過ぎる。日本の熊本県菊陽町工場はその下側で保護される。

◇日米台の対中包囲戦線

こうした背景の下で各国は戦略的同盟を結び、同時に差別的でありながら独自の半導体競争力強化戦略を使っている。米国は中国の半導体製造能力を徹底的に抑制し封じ込めるために半導体製造装備の輸出を統制し始めた。将来は半導体設計技術も統制するためEDA(設計自動化ソフト)に対する輸出制限も予想される。追加で半導体設計人材に対する統制も予測される。これに加え現在東アジア地域に集中したファウンドリーとメモリー生産の地政学的リスクを分散するため、サムスン電子とTSMC工場の米国移転と新築を促している。このためバイデン米大統領は総額2800億ドル規模の半導体産業支援用にCHIPS法に署名した。

【コラム】半導体覇権時代開かれたが韓国は壬辰倭乱控えた朝鮮のよう(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】半導体覇権時代開かれたが韓国は壬辰倭乱控えた朝鮮のよう(1)

    2022.12.26 11:27
    뉴스 메뉴 보기
    【コラム】半導体覇権時代開かれたが韓国は壬辰倭乱控えた朝鮮のよう
    TOP