주요 기사 바로가기

息子の就職を条件に肝臓提供を約束した母の歪んだ愛情=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.20 15:43
0
息子の就職を条件に建設会社の会長に肝臓の提供を約束して起訴された50代の女Aが罰金刑を言い渡された。

20日の裁判所によると、ソウル中央地裁は臓器等の移植に関する法律を違反した疑いで起訴されたAに罰金300万ウォン(約31万円)を言い渡した。Aと会長の取引を媒介する「ブローカー」の役割をした50代の男Bには懲役1年を、別の共犯には懲役6月、執行猶予2年をそれぞれ言い渡した。

Aは今年2月ごろ、知人を通じてある建設会社の会長が病気で肝移植を必要としているという話を聞いた。Aは会長側に連絡し、自分が肝臓を提供する代わりに現金1億ウォンの支払いと息子の就職の約束を受けることで合意した。

 
Aはその後、実際に病院で会長の夫人のように振る舞い、臓器提供検査を受けて手術のために入院もした。しかし入院の翌日、新型コロナ感染が確認されて手術が延期され、この過程で夫人でないことが発覚し、手術は取り消しになった。

Aは臓器売買禁止条項を違反した容疑で起訴された。臓器移植法上、自身の臓器を他人に売買した者は10年以下の懲役または1億ウォン以下の罰金が科せられる。

裁判所はAが具体的に計画を立てて入院までした点から容疑が認められると判断した。ただ「新型コロナ感染によって犯行が発覚したことで支払いの約束は守られず、初犯である点などを考慮した」と罰金刑の背景を説明した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    息子の就職を条件に肝臓提供を約束した母の歪んだ愛情=韓国

    2022.12.20 15:43
    뉴스 메뉴 보기
    裁判イメージ
    TOP