주요 기사 바로가기

昨年の国防費支出 米国・中国・インドの順…韓国は10番目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 14:38
0
防衛産業市場規模に該当する昨年の世界の国防費支出が2700兆ウォン(約282兆円)を超えたことが分かった。

国防技術振興研究所は9日、「2022世界防衛産業市場年鑑」でこのように明らかにした。年鑑によると、昨年の世界の国防費支出は2兆1130億ドル(約2770兆ウォン)で、前年(1兆9810億ドル)に比べ7%増えた。

米国が8000億ドルで圧倒的に多く、中国(2930億ドル)、インド(760億ドル)、英国(680億ドル)、ロシア(650億ドル)が後に続いた。日本(540億ドル)は9番目、韓国(500億ドル)は10番目に多かった。韓国は前年も10番目だった。

世界100大防衛産業企業の武器販売金額は2020年を基準に5310億ドルで、全体市場の約4分の1を占めた。

2017-21年の世界武器輸出市場で韓国は全体の2.8%で8番目に多かった。米国が39%で最も多く、ロシア(19%)、フランス(11%)、中国(4.6%)、ドイツ(4.5%)、イタリア(3.1%)、英国(2.9%)などが韓国を上回った。今年に入って韓国の防衛産業輸出が大きく増えたため、この数値が反映されればシェアは大幅に増加すると予想される。

武器輸入市場シェアはインドとサウジアラビアが各11%で最も多く、エジプト(5.7%)、オーストラリア(5.4%)、中国(4.8%)、カタール(4.6%)、韓国(4.1%)などの順。

世界の現役兵力は2020年の1983万7000人から2021年は1960万5000人へと1.2%減少した。アジア圏の兵力が923万1000人で、大陸別に最も多かった。

国防技術振興研究所は「2022年にはロシア-ウクライナ戦争によって世界の国防費規模と武器取引が拡大し、米中覇権競争でブロック化が深化している」とし「韓国は相次ぐK-防衛産業の輸出成功で世界の関心がさらに高まるだろう」という見方を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    昨年の国防費支出 米国・中国・インドの順…韓国は10番目

    2022.12.09 14:38
    뉴스 메뉴 보기
    先月19日午前、昌原市のハンファディフェンスで開かれた「K9自走砲ポーランド輸出出庫式」で、K9自走砲などハンファディフェンス装備パレードが行われた。 中央フォト
    TOP