주요 기사 바로가기

【コラム】政治家たちの低級発言、私たちに果たして指導層はいるのか=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 13:32
0
◇欧州が米国を追い越せない理由

最近では韓国の大学を世界的な水準まで引き上げてグローバル大学競争で先んじようとする作業の真っ最中だ。世界トップ100大学、国内大学の順位を選定・発表するのも同じ目的からだ。日本はすでに成功しているほうだ。中国も国家的努力を注いでいる。反面、私たちはどうだろうか。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府のときに教育諮問を務めた元老教授のセミナーに出席して失望したことがある。「中高校平準化は成功したといえる。残された課題は国立大平準化で、私立大平準化まで成就しなければならない」という論理だった。教育界の後進性が経済や政治よりも深刻ではないかと思った。

そのような教育政策を持っている一部左派系列が教育界にまだ残っている。条件が合うならその方向を維持しなければならないという主張だ。経済問題を国内で十分に解決することができるという「所得主導成長」政策と併行する価値観だ。後輩教授からしばしば聞く言葉がある。「150年前でさえ米国文化は欧州精神界についていけないと認めたが、今は100年かかっても英国・ドイツ・フランスは米国を越えることができないようだ」という言葉だ。欧州国家が大学競争で米国に遅れを取っているという事実を見て感じたことだ。今、私たちの大学政策はどうなっていて、大学はどんな目標を持っているのか尋ねざるをえない。大学競争で遅れを取る国は国家的後進性を克服できない。

しかしこれと劣らず大切な課題がある。ある社会が先進国になるためには十分な人的体制を整えなければならない。人口比例に見合った指導層がいなければならず、国民の60%程度は中産層ないし精神的中堅層という意識を持たなければならない。ところが韓国社会には自分が指導層に進入するかその資格を持つと自ら認める指導層がまだ形成されていない。米国社会では社会的に認められている教授、医師、判検事や弁護士、軍の大佐級以上、高位職公務員などが指導級に属し、また「なれる」と自他が認めている。

◇社会倫理育成と先進国秩序

世界的に軍出身が国民の偏見なく大統領になる国は米国だ。大佐になるために必ず経なければならない国防大学院課程には軍事問題よりも社会倫理と民主主義、指導者の資質などが重要部分を占める。また自分は指導者階層に属すると自認する。法的規定よりも先進国の倫理観と秩序意識を備えているためだ。

だが、私たちは指導者的職責を受け持っていながらも指導層の精神と価値観、社会的資質と義務は考えていない。政府次官が昼間に飲酒運転をして記者を暴行したとすれば、法よりも秩序犯罪で社会が容認することができない。公職者がうそと虚偽に罪悪感なく参加する。原発事態と4大河川ポ(灌漑用施設物)撤去問題で明るみになった現象を見て、長官や国営企業体責任者までもが指導者の品格を念頭に置かないでいる。政治指導者の水準以下の発言や政策と無関係の低級発言に接する時は常識も備えられず秩序意識も不足したの処事の主人公のようだ。

指導者意識と品格を備えていない者は一流大学を出たことと関係がない。国家試験がそれを保障するわけでもない。自ら指導者の資質と人格を備えていると信じることができる指導層が急がれる時代に生きている。指導者にふさわしい人格と資質・有能性を兼ね備えた指導層形成が残念な現実だ。

キム・ヒョンソク/延世(ヨンセ)大学名誉教授

【コラム】政治家たちの低級発言、私たちに果たして指導層はいるのか=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP