주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>伊で黒いフードの襲撃…「8強歓呼」モロッコ人をいきなり殴る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 11:43
0
イタリア国内でワールドカップ(W杯)8強進出に歓呼するモロッコ人を極右団体所属の青年らが攻撃するという事件が発生した。

イタリア現地メディアによると、6日午後8時(現地時間)からイタリア北部ベローナ市内の中心街に集まっていたモロッコ人のところに黒い服を着て顔を隠した青年およそ15人が向かっているという通報電話が数回あった。

モロッコが2022カタールW杯16強戦で宿敵スペインをPK戦で退けて8強入りしたことを受け、ここではモロッコ系住民たちがお祭り騒ぎをしていた。

当時現場にいた目撃者は「私たちが勝利を祝っていたところに黒のフードをかぶった人たちが現れて、いきなり殴り始めた」と話した。

SNSに載せられた映像を見ると、車の窓からモロッコ国旗を振って走る車の両側に黒のフードをかぶった数人が走っていく姿があった。このうち1人は車のフロントガラスに鎖をぶつけて車内の人に暴言を浴びせた。割れた窓ガラスの破片が飛び散り、車に乗っていた女性1人が軽傷を負った。

警察が緊急出動して13人を逮捕し、大きな不祥事を防ぐことができた。青年らはベローナ出身で、ネオファシスト性向の極右団体「ディゴス」所属と伝えられた。イタリアメディアは「彼らは一緒にW杯の試合を見ていたが、ベローナ中心街でモロッコ人が騒いでいるという話を聞いて犯行に向かった」と伝えた。

警察は、鎖や棒で車4台を破損して数人のモロッコ人を負傷させたとして財物損壊と傷害の容疑で逮捕し、正確な犯行動機を調べている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>伊で黒いフードの襲撃…「8強歓呼」モロッコ人をいきなり殴る

    2022.12.09 11:43
    뉴스 메뉴 보기
    2022カタールW杯のロゴ
    TOP