주요 기사 바로가기

日本「今年の輸入車」にヒョンデ「アイオニック5」…韓国車で初めて

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.09 11:22
0
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する「日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023」の輸入車部門に、ヒョンデ(現代自動車)の専用電気自動車「アイオニック(IONIQ)5」が選ばれたと、ヒョンデが9日明らかにした。韓国の自動車が日本のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは今回が初めて。

1980年に始まった日本カー・オブ・ザ・イヤーは毎年日本で販売された新車を対象に審査委員の投票を経て「ベスト10カー」に絞り、その後、試乗評価と決選投票を通じて部門別のカー・オブ・ザ・イヤーを選定する。

ヒョンデによると、アイオニック5は共にベスト10カーに入ったBMW「iX」、ランドローバー「レンジローバー」、ルノー「アルカナ」などを抑えて選ばれた。

日本カー・オブ・ザ・イヤー委員会はアイオニック5について「革新的な内外観デザインのほか、1回の充電での走行可能距離、躍動的な走行性能、多様な便宜・安全仕様などが高い評価を受けた」と明らかにした。特に「パドルシフトによって回生ブレーキの強さを変更できる点も走りの楽しさを高めるという意見が多かった」と説明した。

ヒョンデ日本法人の趙源祥(チョ・ウォンサン)常務は「アイオニック5販売開始以降、日本消費者の大きな関心の中、高い評価を受けた」とし「今後も日本市場で謙虚な姿勢でモビリティーの未来に貢献できるよう努力していく」と明らかにした。

アイオニック5はヒョンデグループの電気自動車専用プラットホームE-GMPを基盤に開発された最初の専用電気自動車。今年4月には2022ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、10月には米自動車専門誌モータートレンドの「SUV・オブ・ザ・イヤー」に電気自動車では初めて選定された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本「今年の輸入車」にヒョンデ「アイオニック5」…韓国車で初めて

    2022.12.09 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    日本「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたアイオニック5 提供=日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会
    TOP