주요 기사 바로가기

批判を正面突破し「日本サッカーの未来」になった森保監督とは

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 17:19
0
「ベスト16の壁を破れなかったが、新しい景色が見られた」。サッカー日本代表を率いた森保一監督の帰国第一声だ。森保監督は今回のサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本の善戦を指揮した功労で日本サッカー協会から追加契約の提案を受けるだろうと日本メディアはこの日一斉に伝えた。日本は当初今大会で「死の組」と呼ばれたグループEに入り苦戦が予想されたが、2勝1敗、グループ1位でベスト16に自力で進出する成果を上げた。1968年生まれの森保監督はミッドフィルダーの選手出身だ。

引退後に指導者の道を歩みJリーグのサンフレッチェ広島を3回優勝させてリーダーシップを認められた。国家代表監督を務めるのは2018年からだ。森保監督はしかし議論を呼ぶ人物でもある。選手の負傷をめぐり「うまく回復するから心配しない」と断言したり、試合結果をめぐっても楽観的なコメントを乱発するという批判を受けてきた。日本国内では「選手を無条件で信じるという形で話して名将のように見せたいのか」という皮肉も受けた。

ここにW杯アジア最終予選では序盤に1勝2敗と振るわず日本国内で信頼度が大きく下がった。大会を4カ月後に控え日本のスポーツメディアは森保監督に対し批判的な見出しまで付けたほどだ。しかし森保監督は本戦では結果で実力を立証した。

今回のカタール大会でも批判から自由ではなかった。クロアチア戦でPKの選手の決め方をめぐり非難されてだ。森保監督がPKの選手と順番を直接決めず、要望を受ける形で進めたためだ。日本国内では「選手らにプレッシャーを与えて結局失敗しベスト8進出を逃した」という批判が一部から出た。しかし選手らは「問題なかった」と監督をかばっており、7日に発表された日本のサッカーファンアンケート調査では73%の回答者が「森保監督を信頼する」と答えた。4年後の大会でも監督を務める可能性も無理ではなくなった。彼は7日の記者会見で「(日本サッカーの)新しい未来」に言及したのも4年後の大会を念頭にした発言かもしれない。

森保監督は韓国のサッカー界の一部とも懇意にしている。韓国代表出身の崔竜洙(チェ・ヨンス)とは特に選手時代からの付き合いがあるという。森保監督が初めて国家代表監督を務めた2018年、崔竜洙は韓日戦を控えて森保監督と会った後、韓国メディアに「徹底した分析に基づいて核心を攻略する監督。サッカーに対する哲学が確かで学習を怠らない誠実さがある」と称賛している。

サッカー選手の道を本格的に歩み始めたのは小学校5学年の時で、それほど早い年齢ではなかった。それまでは造船会社に勤める父親の影響で転校が多く、小学校低学年時代に長崎に定着したという。息子がいるが父子相伝で、息子はいずれもサッカーの道を模索している。長男の森保翔平は日本国内、二男の森保圭悟はオーストラリアで選手としてデビューしたが父親ほどの頭角は表わすことができなかった。国家代表監督でも子育ては思い通りにならないという話が日本サッカー界では出ているという。三男は立教大学にサッカーの成績を認められて進学した。立教大学は詩人の尹東柱(ユン・ドンジュ)が学んでいた所だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    批判を正面突破し「日本サッカーの未来」になった森保監督とは

    2022.12.08 17:19
    뉴스 메뉴 보기
    2016年に監督対監督として会い握手を交わす崔竜洙(左)元韓国代表監督と森保監督。[写真 共同取材団]
    TOP