주요 기사 바로가기

ヒョンデ、エクシエント水素電気トラック韓国導入…「一回の充填で570キロ走行」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 15:26
0
性能と環境性を備えた水素電気トラックが韓国国内に導入される。ヒョンデ(現代自動車)は8日、エクシエント水素電気トラック(XCIENT Fuel Cell)の国内販売を始めると明らかにした。エクシエント水素電気トラックはヒョンデが世界で初めて量産した大型水素電気トラック。ヒョンデはスイスやドイツなど世界の主要市場にエクシエント水素電気トラックを供給している。

環境にやさしい物流の未来を先導する水素電気トラックの強みは、燃料電池システムの重さが電気トラックのバッテリーより軽くて長い走行距離を確保でき、何よりも短時間で安全に100%の充填が可能という点だ。このため長距離を運行する大型商用車に適しているという評価が多い。

特にエクシエント水素電気トラックは350kW高効率モーター・180kW燃料電池スタック(90kW燃料電池スタック2基、スタックコンプリート出力基準)・72kWh高電圧バッテリーが採用された。水素を一回充填すれば約570キロ走行する。これを基盤にH430エンジンを搭載した同級のエクシエントディーゼルより優秀な最大476馬力の出力と最大トルク2237Nmを確保した。

さらに水素燃料電池システムの適用だけでなく、車両の主要部位の最適化で室内の騒音と振動を抑え、静かな走行環境も備えた。

販売価格は国庫補助金2億5000万ウォン(約2600万円)および地方自治体補助金2億ウォン反映基準で1億6000万ウォンから2億1600万ウォン。これは付加価値税込み基準で、実際の購買時点の価格および細部仕様は環境部および自治体別の支援現況によって変わる可能性がある。

ヒョンデの関係者は「エクシエント水素電気トラックがエコトラック市場全般を主導していくと期待する」とし「4台の清掃車試験運営を通じて水素電気トラックの可能性を確認し、さらに多様な分野に活用できるよう持続的に努力する」と明らかにした。

一方、ヒョンデは国内で2020年5月、国土部と水素電気貨物車の普及モデル事業のための相互協力強化を主な内容とする了解覚書(MOU)を締結した。その後、昨年12月から首都圏および慶尚道(キョンサンド)地域でテスト事業を進めた。

ヒョンデはこの事業で国内道路での適合性検証を終え、当初2023年だった国内販売日程を操り上げ、今月から顧客に引き渡すことにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ヒョンデ、エクシエント水素電気トラック韓国導入…「一回の充填で570キロ走行」

    2022.12.08 15:26
    뉴스 메뉴 보기
    エクシエント水素電気トラック(XCIENT Fuel Cell)。[写真 ヒョンデグループ]
    TOP