주요 기사 바로가기

米国、極超音速ミサイルを来年配備…沖縄から平壌打撃可能

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 13:54
0
1/2
米空軍はB-52H戦略爆撃機に搭載した「ARRW」極超音速ミサイルを5月と7月に試験発射し、成功した。写真は2020年8月8日、米カリフォルニア州エドワーズ空軍基地から離陸するB-52H。 写真=米空軍
米国が来年秋から極超音速ミサイルを実践配備するとみられる。インド太平洋地域で中国の軍事的浮上を牽制しながら、北朝鮮の核ミサイルの脅威にさらに迅速に対応できるという見方が出ている。

米空軍は来年秋からB-52H「ストラトフォートレス」戦略爆撃機に「ARRW(空中発射迅速対応武器)」と呼ばれる極超音速ミサイルを搭載して運用する予定だと4日(現地時間)、明らかにした。米空軍側は「ARRWは戦闘指揮官に、以前より短い時間内に敏感な目標物を打撃できる能力を提供する」とし「今月の射撃試験を経て迅速な量産を考えている」と伝えた。

最大速度がマッハ8(音速の8倍)のARRWミサイルは空対地のほか空対艦打撃が可能で「米国版空母キラー」になると予想される。最近、中国が空母3隻を保有して海軍力を強化している状況で、強力な牽制手段が用意されたということだ。

中国の「東風17」極超音速ミサイルも米海軍空母打撃群を狙った武器体系として開発された。米国は極超音速兵器の開発で中国とロシアに遅れをとっただけに、速やかな実戦配備に注力してきた。実際、昨年から今年にかけて計5回の試験発射をしたが、今年5月と7月の発射は共に成功した。

ARRWの射程距離は1600キロにのぼる。沖縄の宮古島などから北朝鮮の主要軍事施設はもちろん、平壌(ピョンヤン)指揮部を打撃することができる。米空軍がARRWを装着したB-52HやB-1B爆撃機をグアムのアンダーセン空軍基地に前進配備する場合、韓半島(朝鮮半島)有事の際それだけ対応が早くなるという分析だ。

峨山政策研究院のヤン・ウク副研究委員は「極超音速ミサイルを導入すればB-52H爆撃機の対応時間が短くなり、作戦範囲もさらに拡大する」とし「相対的に遅い爆撃機B-52Hの短所をカバーできる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP