주요 기사 바로가기

サウジアラビアに到着した習近平主席「アラブ世界に対する最大規模の外交活動」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.12.08 11:16
0
中国の習近平国家主席が7日(現地時間)、サウジアラビアに到着したとAP通信などが報じた。

習主席のサウジアラビア訪問は2016年以降初めてであり、7月にジョー・バイデン米大統領が石油増産などを説得するためにサウジアラビアを訪問したが、これといった成果を上げることができずに帰ってから5カ月ぶりだ。

中国中央テレビ(CCTV)も習主席が同日午後、リヤド空港に到着し、サウジアラビア指導部の歓迎を受けたと伝えた。外信は習主席に対する歓迎の意味でリヤド都心の主要道路沿いが中国国旗で飾られたと伝え、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が主催する盛大な歓迎行事が準備されるものとみられると予想した。

中国外交部の毛寧報道官はこの日、「習主席のサウジ訪問は中国のアラブ世界に対する最大規模の外交活動になるだろう」とし「統合と協力強化を約束する合意が実現することを期待する」と明らかにした。

習主席は3日間サウジアラビアに滞在し、サルマン・ビン・アブドルアジーズ国王、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と会談する予定であり、第1回中国・アラブ首脳会議と湾岸協力理事会(GCC)コンファレンスに出席する。

カショギ氏殺害事件と原油生産政策などをめぐり、米国と関係が離れたサウジを訪れる習主席は、今回の訪問期間中に他の湾岸諸国の指導者と会談し、中東地域への影響力の強化に乗り出すものとみられる。

サウジアラビアの原油輸出量の4分の1は中国に向けられている。サウジアラビア国営SPA通信は、習主席の訪問期間中にサウジアラビアと中国が1100億リヤル(約4兆28億円)規模の契約を締結すると予告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP